自分のクランに人を集めるコツ

2016年5月28日

わがクラン(群馬帝国遠征軍)もぼちぼち人が増えてきて、メンバー数が27人となりました。

ありがたいことです。

日に日に増加数が増えてるので、意外に早く上限50人に達するかもしれません。
加入・移籍はお早めに!

私はもうすでに余裕モードですけれども、これからクランを立ち上げる方、あるいは立ち上げたばかりの方はクラメン集めに四苦八苦するかもしれません。
自分のクランに人を集めるにあたり留意すべきコツを下記記載。

●まず自分の村のレベルを上げる
自分の村を、強くしましょう。
タウンホールレベルの低いリーダーに、強いプレイヤーが従属するケースはきわめてまれです。リーダーが有名人とか、男の下心をくすぐるのがうまい女性とか、何らかの付加価値(カリスマ)がある場合は別ですけど。普通は、ないですよね。

タウンホールレベルを7まで上げれば6以下のプレイヤーが入ってくれるようになります。8まで上げれば7以下のプレイヤーの勧誘率はぐんと上がります。
リーダーのレベルは高ければ高いほど有利です。(トロフィーも同様)

クランを立ち上げる前に、まずはどこかのクランに所属し、しっかりレベルを上げましょう。まずはそこから!

●クラン名を工夫する
クラン名は大事です。私は「群馬帝国遠征軍」なんていうローカルな名前をつけちゃいまして、ちょっとだけ後悔しています。だって群馬以外のプレイヤーから、距離をおかれちゃう気がしませんか?

栃木や茨城のプレイヤーなんてこのクラン名を見ただけで口から「しもつかれ」を嘔吐するはずです。(言いすぎ)
もともと県民限定クランにはする気はなかったですし。

まぁ、たまに出会う群馬プレイヤーの引きが強いのは良かったと思いますし、検索で探し当てててくれるユーザーがいるのはうれしいです。そういう意味で悪くはなかったのかな…。

クラン名をつけるとき、ユニークな名前にしよう!と張り切りすぎてキラキラネームなんぞをつけちゃうと、その名前でクラン検索する人がそもそもいないですからね。現代の日本人をカテゴライズするとき「日本人」「群馬県民」「豊島区民」はいても、「破壊神」はいませんからね。
そりゃ人集めに不利です。

あと、私は「蒼き狼と白き雌鹿」というゲームがクソ好きでこの名前をつけかけたんですが、これまた誰も検索しなかったかもしれないよね。悲しいけどこれ、マイナーすぎるのよね…。

逆に「広島カープ友の会in神宮」とかいいんじゃないですか。常に多めの人材を確保でき、コアメンバーの趣味を共通させてロイヤリティを保てる。こういう名前がおすすめですよ、ええ。

●「2人と8人の壁」を突破する
「2人と8人の壁」とは、クラメン募集時の“壁”となる人数のことです。
まず、たったひとりでクランを立ち上げた場合ぶつかる壁が、いかにして二人目を呼ぶかということです。
そりゃそうですよね。引く手あまたのフリーのプレイヤーが、何を好き好んで一人しかいないクランに入る必要があるんだっつー話です。援軍も集まらないだろうし…。

また、クラン対戦が参加できるのは10人からなので8人まで集めるのがこれまた大変。

9人まで集まれば、その人が入ることでクラン対戦が実現可能になるわけで「入ろうかな」と思う人も出てくると思います。しかしそれに満たない弱小クランはクラン対戦がすぐにはできないわけで、ちょっと人が集まりづらい。

というわけで、スタートダッシュ時の人数は多ければ多いほど、有利です。
ってか少なければ少ないほど人が集まらない!

まずは、友人や、以前所属していたクランから人を引っ張ってくるなどし、なにがなんでも9人まで集めましょう。そうすればあとはなんだかんだで人が増えてくるはずです。

●クラン紹介の文面を工夫する
クラン紹介の文面を工夫しましょう。
援軍指定はOKか、NG行為はなにか、クラン対戦の頻度はどのくらいか、初心者歓迎か…、クラン名がクランの「顔」だとすれば、クラン紹介文はクランの「表情」です。
 顔が好みで表情がよければ、異性だったらそれだけで好きになっちゃいますよね。
なっちゃいますよね!(二回言いました)

プレイヤーのニーズは様々ですので、どんなクランにしていきたいか、厳しい文字数制限はありますが、工夫して記載しましょう。

一般的にはアクティブさを前面に出したほうが加入するメンバーが多くなる傾向にあります。

●グローバルチャットでスカウト&宣伝

グローバルチャット(グロチャ)はいくつかの部屋に細分化されています。
ですので勧誘するリーダーは、グロチャで宣伝書き込み、アプリ再起動、そして別の部屋に入室後に再度宣伝を書き込みという方法が一般的です。

グロチャに出現したフリーの人に絡んでスカウト(招待)する方法もあります。
ライバルも多いですし効率的とは言いづらいですが、人柄を知りあって招くので
無差別に「招待」してもいいのですが、中には荒らしもいるので要注意。
偏見ですが、名前が中二くさい人は「招待」しない方がクランのためな気がします。

●ブログやツイッターを利用する
自分のクランを数多あるクランと差別化するためのツール。それがブログ。ツイッター
このブログもそのために毎日毎日、書いているのです。

というわけでクラン「群馬帝国遠征軍」。県民に限らず募集中です!