敗北からの再起。そして改革へ

2016年5月28日

先日、わがクランは中国・フィリピンに二連敗をくらっってしまいました。

格上(タウンホール9が4つ以上)かつ参加率の高いクランには順当に負けてしまいますね…。

次なる目標は、全体の練度を上げる(援軍誘導を徹底させる)ことと、タウンホールレベル9以上のメンバーを増やすこと、この2点ですね。

現在クラメンの数は28人。一時期45人ほどにまで膨れ上がったにしてはずいぶんと減少してしまいましたが、これもひとえに参加率の低い・やる気がない・クレクレなメンバーをキックしたせいでございます。

連敗以降、自分たちの足りない点についてメンバー間で真剣な話し合いがもたれました。そして、サブリーダーや長老の任命、自己中心的なメンバーのキック、18才以下入隊禁止の決定、入隊希望者の厳選といった改革が地味になされました。

たかがゲームではあります。
しかも、ケータイに複数入っているゲームのうちのひとつに過ぎないのであります。

しかしそこで、「されどクラクラ」と思える負けず嫌いの人だけが今、残っています。たぶん。

思えば4月、人数が4人しかいなくてもがいていました。

5月にはグローバルチャットでフリーの人をナンパしまくりました。

そしていま6月、わがクランは負けない集団になるべく、精鋭に絞り、鉄の掟を決めて戦うことに決めました。

新選組かよ。

精鋭といっても、タウンホールの強弱では決めてないですよ。
参加率が高くて、援軍をきちんと誘導できる頼もしい仲間たちが集まりましたよ。

おかげでこんな感じですよ。

写真

勝つぞ!負けないぞ!もっと人が欲しいぞ!

今後とも群馬帝国遠征軍へのご参加をご検討のほど、どうぞよろしくお願いします。