「クラン対戦で星3は稼げるときに稼いでおけ」といった感を強くした件

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。スカイツリーでクラクラやってたら妻に怒られました。

わがクランはおかげさまで21勝。ひとえにクラメンの参加率と練度の高さのおかげです。
「星3以外は負けに等しい」という意識の徹底っぷりはすさまじいです。
その「取りこぼしの少なさ」が終盤の勝利に結びつくことも少なくはありません。

それが顕著に出たのが、先週行われた対フィリピン戦。現在30勝中のツワモノクランです。TH9以上の数も、当方3、先方6と、ダブルスコアです。

序盤は先方有利。セオリー通りに下位からの攻撃で次々と勝ち星を加えていきます。対するわがクランはぼちぼちと散発的な攻撃を加えるのみ。

この段階で敵は、わがクラン恐るるに足らずと考えたことでしょう。

しかし深夜にさしかかり、当方のTH7~8のメンバーがようやく動き出し、怒涛の攻め、星3ラッシュが開始されました。

そして翌日、戦闘終了間際。星の数は並んでいたのですが、当クランが未着手の敵を多く残していたのに対し、敵はほうぼうに星の取り残しを残している状況。

敵は取りこぼしから星をひとつひとつ拾っていかねばならない状況で、こちらは1回の攻撃で星3を稼ぐことができました。効率が圧倒的に、良い。

これもひとえに、みなが丁寧に星3を稼いできたからといえましょう。

最後はユズキ氏、やる夫氏、こはる氏、そして俺、4名の怒涛のラッシュにて、3点差の逆転勝利を飾ることができました。

2014-07-05-23-21-41

俺(TH9)は終了直前まで娘を風呂に入れてまして、風呂上りに急いでアプリを立ち上げてTH9の敵から、みごと星2を獲得したんですが、その直後に同じ敵からやる夫氏(TH8)が星3を獲得。

チャットにあふれるやる夫氏賞賛の声。

あれ?俺ゆっくり風呂に入っててもよかったんじゃね?

戦う必要なかったんじゃね?という心の声を無視しつつ、まぁ勝ててよかったっすわ。

ちなみにこの戦いではクラクラのアップデートにも助けられましたね。
クラン対戦中盤にホグが弱体化したおかげで、従来通りの方法では星3を稼ぐことが至難になり、序盤に星2で余裕ぶっこいていた敵クランは、終盤いっきに苦しくなりました。

レアケースではありますが「稼げるときに星3稼いでおけ」というのは、こういう場合にもあてはまるんですね。

また、昨日行われたクラン対戦の中華戦でも、この星3をきっちり稼ぐ習慣が生きて完勝。

2014-07-07-19-24-17

今回の中華クランは、スパイは放ってくるわ、日本国旗を侮辱するわで、まーどーしょーもなかったんですが、もうメタメタにやっつけちゃいましたわ。

2014-07-06-07-22-35

[日本国旗のそばに白旗、そして下矢印]

勝負事である以上、勝ち負けは兵家の常。負けたっていいとは思うんですが、アンフェアなことして負けるのは超かっこ悪いので、それはやめたほうがいいねと自戒まで。

2014-07-07-19-19-39

—————————————–

最近、このブログのおかげで強力な人材がぞくぞくと「群馬帝国遠征軍」に入ってきてくれて、すごく助かっています。九州、北海道、広島などなど、「群馬は行ったことありません」って人も多いので、栃木の君もいじめられたりしないぜっ!

さぁ!勝ちに恵まれない、いや、同僚に恵まれないあなたも当クランの仲間となり、連勝街道を爆走しませんかっ!?

2014-07-07-19-21-01