クラクラで星3を獲得するには、戦前の予測と、戦後の振り返りが重要です。

2016年5月28日

こんにちは、pontaです。
日本ハムの大谷翔平の凄さを表現する形容詞を持ち合わせていません。司法試験(旧)と医師国家試験にどっちもトップで受かる感じ?18歳とかで。

さて。22勝目をかけて戦う、今回のクラン対戦。
相手はイタリアクランです。ボーノ!

30対30ではじまったはずが、気が付けば敵クランからリーダーはじめ6人が離脱。それでいてクランの実際の人数が45人に増えてました。なんぞ。

これで敵45人で襲いかかってくるのであれば大事なんですが、クラン対戦の仕様上、参戦してくるのは開戦時に在籍してた24人のみ(6人離脱)。

2014-07-10-12-37-41

[離脱者だらけの敵]

お家騒動か再編かわかりませんが、人数が足りなくて勝てるほど、うちのクランは甘くありません

10人しかいないギリシアに引き分けたサッカー日本代表はともかく(トゲのある言い方)

ってなわけで今回、楽勝ムードの草刈り場になったんですが、そういうときこそ自分の戦術を厳しくチェックする好機と私は考えます。えへ。

クラクラで強くなるには、戦前の予測と、戦後の振り返りが重要です。

まず戦前には、開戦から勝利までのイメージをしっかり持ちましょう。

極端な話、TH8の村にオールバーバリアンとアーチャーで挑んで勝つイメージがわきますか?
わかないですよね。

まずまちがいなく壁に足止めされてるうちに迫撃砲の餌食になってしまいます。

だったらウォールブレイカーを増やそうとか、ヒーラーを付けようとか、配置はどこにしようとか、具体的に調整していく必要があります。

本番ではそのストーリーをなぞるような形でユニットを放ちましょう。

いったん放ったユニットは操作できないゲームなので、戦前のイメージとそれに従った緻密な準備と配置がとても大事です。

できれば通常のマルチプレーでその編成を試してみましょう。

同様に、戦後の反省も大事です。とくに敗戦後ね。

まず「もう一回戦ったら簡単に星3がとれる」のか、「何度やってもだめそうか」を判断しましょう。

「もう一回戦ったら簡単に勝てる」場合、自分の戦術のどこがまずかったか、よく思い出してください。

大工小屋のせいで時間切れになった場合、今後は大工小屋の破壊を忘れないようにするとか。罠のせいで負けた場合は罠に気を付けるようにするとか。

やり方は間違ってなかったと自信をもちつつ、細部をよくブラッシュアップしてください。それこそ「練度が高くなる」ということだと思います。

逆に「何度やってもだめそう」な場合、ユニット編成や敵選びじたいが間違っている可能性があります。

そんなときは同じクランの上手な人の戦術をパクってみましょう。
きっと飛躍的に強くなるはずですよ。