最大の敵がクラン内部にいるクラン

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

繰り返される出会いと別れに心がマヒしてきました。

ブラック企業で送別会慣れした人ってこんな感じなんでしょうかね。

さて、わがクラン「群馬帝国遠征軍」は週末に三連戦を行い、3連勝。

26勝2敗と、勝率9割越えです。

ちかごろは格上がマッチングされても「勝つか負けるか」ではなく「勝利か、より完全な勝利か」が話題の焦点になるほどの力をみんながつけてきましたよマイン・カイザー。

2014-07-22-23-36-51

私どもはタウンホール10が1人、タウンホール9が2人ですので、トップクラスのクランに比べるとレベル的にはまだまだではあります。

ただし意思統一の固さと、練度の高さはすさまじいものがあります。

新人の方が「このクランは敵が中にいる。星3を味方同士で奪い合い、気が付くと攻めるところがなくなっている」「星3が取れなくて悔しがるのは新鮮」といった感想を述べておられ、印象的でした。

当方クランの共通項は実は「群馬」ではありません。群馬県民の比率は高いですが、北海道から沖縄まで、全国からクラメンが集まっています。

最大の共通項、それは「勝利への飢え」でしょうか。

みなそれぞれ「クラン対戦、自分一人で奮闘していたけれど勝てない。もーいやっ」と私のクランに流入してきたというバックグラウンドを持っております。

それがうちにはいると味方の頼もしさに涙を流す人続出で、「ずっとこんな仲間が欲しかったんだもんな…赤城…」とメガネ君につぶやかれるのが関の山です。

嘘です。

そんなわけで、「群馬帝国遠征軍」。現在28人。

クラメン募集中です。よろ!