クラメン同士、LINEアカウントを交換するメリットとデメリット

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。LNEスタンプでは地獄のミサワがお気に入りです。

さて、わがクランではLINEアドレスを交換しています。

キャプチャ

クランチャットで私のLINEアカウントを公開し、希望者はそれを検索して友達申請するという流れです。
現在、10名程度が参加しています。

下記、メリットとデメリット。

<メリット>
1) 結束強化

2) 画像情報の共有

3) 情報の周知と蓄積

4) オフがやりやすくなる

5) 離脱メンバーとのコンタクト

6) 緊急連絡

1) 結束強化:
アカウントを交換することによって、この人じつは男前だなとか、こんな車に乗っているのかとか親近感を覚えることも多いです。
クラメン同士のゆるやかなつながりが多少なりとも強くなることは、対戦にも好影響ですし、なにより楽しいですよね。

2) 画像情報の共有:
チャットではできない画像の共有がLINEではできるので、リベンジやデザインの相談などがより具体的に行えます。

3) 情報の周知と蓄積 :
チャットが活発なクランであればあるほど発言はどんどん消えていってしまうので、周知すべき情報をLINEで回覧できれば便利です。

4) オフがやりやすくなる:
オフをやるクランであれば、すごく便利ですね。

5) 離脱メンバーとのコンタクト:
そのままですね。クラクラは個人アカウントの捜索ができない仕様なので、離脱前に交換しあっておくと便利でしょう。
支部クランがあるクランは、本部から支部の様子を知るのにも役立つでしょう。

6) 緊急連絡:
1点を争う激戦のとき、今すぐ出撃を請う!出撃を請う!という連絡に使えます。
個人的には、これが一番、役だったかな…。

<デメリット>
1) プライバシー情報の漏えい

2) キックしづらくなる/抜けづらくなる

3) 特定の人たちだけ仲良くなることに対する抵抗感

1) プライバシー情報の漏えい:
これが最も大きなリスクですね。粘着・ストーカー・晒し、危険はいくらでも考えつきます。
いろいろ便利なLINEアカウントの交換ですが、強制する必要はまったくないですし、強制してはいけないと思います。
特にうちのように女性の多いクランでは、むしろ女性からの申請を断るくらいでよいかと思います。
ま、誰も申請してきませんしね。お、おう…。

2)  キックしづらくなる/抜けづらくなる:
キックしますけどね。

3) 特定の人たちだけ仲良くなることに対する抵抗感:
基本はみんなが見れるチャットで話す、これは大原則です。そのうえでサブアイテムとして便利に使っていけたらと思います。