クラン留学についての是非

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

ここ最近、「いまいるクランでなかなか勝てないから勉強のために、群馬帝国遠征軍に参加して、自分のクランに持ち帰らせてください」という方が続いています。

ここ二十戦で一敗しかしてないうちを強いと評価くださって悪い気はしません。留学に来た方で、かえってうちのクランを強くしてくださった方もいます。

ただ、勘違いしないでほしいんですがうちは学校ではありません。

2014-10-23-07-18-51

みなさんのクランのためにうちがあるわけじゃないんです。

うちは、うちらが負けたくないからやってるんです。

お客さん気分や、学ばせていただくスタンスの人をたくさん抱えて勝てるほどうちは強くないです(負けてないけど)。

うちはもともと、勝てないクランで孤軍奮闘、自分の頑張りが無駄になる虚しさに耐えかねた人たちが集まってできた、というのがコアです。

うちから何がもらえるか、だけではなく、うちに何が加えられるか、という視点を持って、永住覚悟で来ていただく方が嬉しいし、クラメンも気分がよいのは言うまでもありません。

2014-10-23-07-19-41

うちを勝たせてくれる留学は歓迎、来て負けてみなさんすごいですね勉強になりますねありがとうございましたさようなら、は違う気がします。

なんでこんなBlogで毎日くだらない冗談書いてるかっていうと、うちのクランにいい人材を集めるため、勝つため、自分とクラメンのためですからね。

公共の福祉じゃないっすよ。勝つためですよ。

普段は紳士淑女、なごやかほわん、ただし見敵必殺、手についた血の量が足りねぇな人が欲しいんです。

群馬帝国遠征軍を勝つぞ勝たせるぞ負けさせないぞという断固たる覚悟でいらしていただければ、幸いです。

2014-10-23-07-22-58

謎の安西先生推し。

以上、どうぞよろしくお願いします。