『群馬帝国遠征軍』演習中に強敵に遭遇せり、そのまま交戦す、の巻

2016年5月28日

わがクランでは下記、週2回の対戦を行っています

1)「火曜日に開戦し、水曜~木曜に戦う」
2)「金曜日に開戦し、土曜~日曜に戦う」

月曜日は休養日に当てています。
あまりに対戦が連続して続くと疲れますし、惰性で戦っても盛り上がりませんしね。

ただそんな月曜日にたまに、本部・支部合同でクラン対戦を行うことがあります。

戦い足りなかったり、実験的な戦術を試したかったりするための、合同演習みたいなもんです。

演習ですから「勝ちにこだわらなくていいよ」というコンセプトなんですが、なぜかみんなマジで勝ちにこだわります。

また、自由参加なので士気の高いのが特徴で、「今日はちょっと都合が悪くて…」という人がひとりもおらず、もともと100%に近い出撃率が、100%間違いなしになるのが特徴です。

今回はただの平日に行う初めての演習で、それでも集まった15人の物好きエフンエフン血に餓えた野郎たち(女子2名ふくむ)。

タウンホール10も1人参加。万全の体制で開戦ボタンを押します。

かーらーの。

2014-10-26-23-58-07

タウンホール10が7人キター。

この敵を見たときのおれのきもち↓

2014-10-26-10-44-43

最近、クラン対戦で同格とばかりあたっていたので、ここまでの格上は久しぶり。
早上げもいない。

やるっつぇ!