援軍ラバハウンドのうざさについて

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

昨日は12000人にご来場いただきありがとうござした。
10000突破はひとつの目標にしていましたのでうれしいです。

そろそろアフィリエイトつけようかなと思ってます。For the エメラルド。
ただそれ半年前から言ってて面倒くさくてやってないです。誰か教えてください。どうすんのよ。

さて、今日のテーマは「援軍ラバ」について。先日、中華クランでそれやられてえらい目にあいました。

8月のアップデートで追加された新ユニットのラバハウンドは「空のゴーレム」です。

2014-09-11-21-05-42

以前のエントリで「狂犬ラヴァハウンドは空のゴーレムじゃないよ」というのを書きました。主旨は「対空砲が強すぎるから言うほどしぶとくないよ」というもの。ただしそれは攻めるときの話。
守備時の援軍としては、対空砲がないためまさに「空のゴーレム」といって差し支えない耐久力を見せつけます。

「空の」というのがポイントで、ラバハウンドは対空攻撃ができるユニットでなければ対抗できません。

つまりバルキリー、PEKKA、ネクロマンサーのガイコツ、エアバルーン、ホグライダー、ババキンはラバに手も足もでないということになります。

私はネクロラッシュが好きなんですが、ネクロマンサーのガイコツはラバを攻撃できないため、ネクロマンサーのよわっちい呪文攻撃にラバの破壊を依存しなければなりません。

レベル2のネクロ一人だけの場合、レベル2のラバハウンドを倒すのに206秒かかります。

レベル15のアチャクイだと15秒。
エース・アチャクイの足を15秒止められると、そのぶんいろいろな計画がくるってしまいます。
2014-11-24-20-15-20

ウィザードを連れて行けばいいんですが、ウィザードを多めに入れるとそのぶん編成が狂います。

言うまでもなくラバハウンドは攻撃力が弱いから、派手な破壊は期待できませんけれども、ユニットへの攻撃は大砲や巨大クロスボウがなんとかしてくれる。

つまり何がいいたいかといいますと、「攻撃できるユニットの種類が少なくて、しぶとくて、倒しても分裂する」援軍ラバUzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee。ってことです。

以上、よろしくお願いします。