荒れるコメント欄、それもまた「クラクラ攻略する人される人」のおもしろコンテンツかなと思っている件

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

私はリアルでは敵を作らないタイプです。ほんとほんと。いい人キャラっていうか。

ただブログに関してはコメント欄でえらい言われようなときも多いんですよね。なぜか。

なんで私がこんなふうに言われるんだ!と思い返すに、私は強い言葉を使うし、キックもするし、そりゃまあ「むっ」とくる人もいるだろうと納得したりもしてます。

「コメント承認制にしたら?」というアドバイスを受けることもありますけれども、まぁ、誹謗中傷に近いコメントもまた、「クラクラ攻略する人される人」の魅力のひとつかなと思わなくもない。

やだけどね。読んだときはむっとしますけどね。

ただ、このブログ。私のやる気がつきるまでの、長いんだか短いんだかわからない間は続くであろうこのブログ。

そして私が感情の赴くままに適当に書いた雑なエントリー。

それを読んだ人の感情が正負どちらかに揺り動かされ、ある人は激しく共感し、ある人は首を振り、ある人は私を批判せずにはいられない…。

たかがゲームのブログでそんなふうに多くの人の感情を動かせるってちょっとすげぇなとも思っちゃうんですよね。

それに対する批判のコメントと、それに対する私の返信。クラメンからの援護射撃。さらなる批判。私の返信。
そして横たわる私のモチベーション。わたしひとりで死屍累々。

クラクラblog界のスターリングラードもいいところなんですが。

ただある意味、このブログはそこまで含めてのエンターテインメントっていうか、おもしろコンテンツなのかもしれないなと思ったりして。対岸の火事は大きいほど笑えるっていうか。

燃える家の主としては笑ってもいられないんですがね。

なんにせよ、コメントはなるべく誠実に、しっかりと返していくことで。
私の考えかたや思いを逆に多くの人に届けられたらいいなと思っています。

いや、さっき下記の文章を読んでちょっと、なんか共感しちゃったんで。

男子の中でサッカーをしていた少女。彼女への冷やかしを止めた魔法の言葉とは?

ま、遠慮して、気を遣って、中庸狙った文書に魅力なんかねーよってなもんで、以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta