クラクラの「面倒くさい引退の仕方」 5選

2016年5月28日

お疲れ様です、PONTAです。

年末に弊社の社員がひとり辞めまして、思うところあり。
そこで思いをはせるクラクラの「辞め方」。

面倒くさい辞め方を下記に列記。うちのクランでというより、前いたクランでよく見かけた人たちですが。
1)後ろ足で砂をかけていく

「忙しくなったので辞めます」とかはぜんぜんいいんですが、「飽きました」「もっと有益なことに時間を使います」といって辞めていく人はなんなの。
あなたはそうかもしれないが、こっちは楽しく遊んでるんですから。
飽きたから辞めるはぜんぜんいいので、それを表明して、クラクラのプレイヤーに伝えていくことに何の意味があるのかちょっとよくわからない。
2)引退までのスパンが長い

「半年後にやめます!」的な。これから半年間、引退コンサートで稼ぐ気かよ。
注目を集めたいのかよと邪推しちゃいます。こっちもどう接していいのかわからないし。
さらにちょいちょい「半年後に辞めるんですけどね^^」とか言葉尻に付け加えられると面倒くささ倍増です。
3)感想を求める

「引退して困りますか?」
知らんわ!

4)けっこう見かける

グロチャにいるやん。あれー。辞めたはずじゃ?的な。
5)すぐ復帰する

上記の1)と2)と3)と4)をこなした人でこの5)まで兼ね備えるとさらに味わい深いです。
————————————-
結論として、やめるときはさくっとさわやかに、がよいと思います。
復帰の予定があるときは出戻る可能性があることを伝えて。淡々と。
いや出戻っていただいて全然いいからさ。

あくまで事務的に、自分が辞めても別に惜しむ人はいないぜくらいに思ってる人のほうが周りから惜しまれる気がします。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta