星2の悔しさを胸に、敗残兵と新兵による1回かぎりの訓練用クランを立ち上げた件

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。欝な日ほど筆が走ります。

さて、昨日行われたクラン対戦では、星取り☆好調のクラメンの中、私はホグラッシュ盛大に失敗して新年早々、ケータイ投げました。

同じ村を何度か攻められれば、いいんですけど。

そうすれば最初にざっくり失敗して、二度目から徐々に編成や攻め方を微調整してベストなやり方を探っていけるのに。

ま、クラン対戦の相手村でそれをやったらまんまチートですけれども。

だから自分の村とかで。何度もアタック。できないですかね。できないですよね。

私は仕事の進め方として、最初はおおざっぱにアウトラインをつくって、そのあと少しずつブラッシュアップしていって品質を高めるやり方を好むんですけれども、そういう意味でクラクラの同じ村を二度攻められない仕様は、ちょっと厳しい。(このブログも、書く時間より推敲の時間のほうが長いときもあるくらいです)

同条件でのトライアンドエラーでコツをつかむタイプっていうか。そういう方もおおいんじゃないでしょうか。

ただ、一発勝負がクラクラの面白さである以上、その仕様は変わるはずもなく。

似たような別の村で試すしかないんですよね。



わかっちゃいるけど、鎮まらないない。この悔しさ。

もてあました気持ちを晴らすべく、月曜のオフを利用して『群馬帝国遠征軍 練兵所』を立ち上げ、最近星が取れない不調の人や新戦術を試したい人を集めて軽く、練習することにしました。

エースはクンナ!強いやつは願い下げだ!われわれは君たちに追いつくためにやってんだ。

まぁ20名くらいでやれたらなと思ってたんですが集まりし「悔しさをもてあましぎみの人たち」その数35名。

多すぎだ。(ブレ)

新兵と敗残兵の集まりくらいのイメージでいたのですが、好調の人もちょっぴりまじってたりして。こらっ。

ま。「負けてもいいや」くらいの気持ちでね。気楽にね。やりたいように。やりたい放題で。

そしてマッチング。

92勝の格上日本クランキター。(TH10の数2 対 5)

まぁ気楽にね気楽に。負けてもいい、負けても…でも負けたくない!

俺がリーダーとしている限り、負けていいクラン対戦なんて認めない!(ブレ)

好調エースを見事に欠いた不利な戦ですけれども、悔しさを胸に秘めたクラメンの戦意は高い。

訓練兵の実戦投入は戦場ではよくあること。というかいつもです。うちでは。

以上、よろしくお願いします。

以下はクラメンオンリーの情報になります。