クラクラがなぜ「飽きない」かの雑感

2016年5月28日

お疲れ様です。pontaです。

私は運転中や宴会のときなどを除き「忙しくてクラクラできない」ということはないんですが、「嫁の目が厳しくてクラクラできない」ということはよくあります。

共働きで家事を分担している我が家にとって、妻が疲れた体を引きずって家事をしているときに、彼女の目の前でのんきにクラクラをするなんて、いくらアイロン・ハートの私でもインポッシボーです。

かくして、家事(私は主に料理と皿洗い)の合間にトイレでこそこそマルチ出撃。いつしか頻尿の疑いで病院の診察を勧められるはめになります。

リーダーリーダー言われてますけど、こんなもんですよ。しょせんは。

私の村は我が家のトイレで作り上げられたといっても過言ではありません。

ゆうても、私と同じような思いをしている紳士淑女は多いんじゃないでしょうか。

みなさん、お疲れ様です。

ま、妻はいいんですけど、子供は困りますよね。

私がどの口で「ゲームばっかしてないで勉強しなさい」と言えるんですか。言うけど。

そう言われた娘の小さい胸の中の去来する思いはきっと、あの野々村号泣県議が「人前で泣くんじゃない」と言ってるのを見た我々の気持ちと同じっていうか。

そりゃもう果てしない「お前が言うな感」っていうんですかね。あると思うんですよ。あると思います。

ただ普段、私は私なりに娘に積み重ねた威厳がありますからね。

この前、「妖怪ウオッチ」でラスボスのウバウネをさらっと倒した的な威厳が。

そのときに私のかっこよさったらないですよ。

たとえるなら、あの野々村号泣県議が「炎上っていうのは、こういうことさ」とウインクするみたいな、ぐうの音も出ないかっこよさっていうんですかね。

私は娘に対し、そのへんのかっこよさげなプレゼンスをぞんぶんに駆使して勉強にとりかかってもらいます。

ま、冗談はさておき。以下本題。

昨日もクラクラやってたら、娘に「そのゲームばっかやってるね。よく飽きないね」と指摘されました。

2014-10-31-19-10-08

飽きない。確かに。この一年ちょい、ずっと同じゲームばっかやってます。飽きっぽい私にしては奇跡的なことだと思います。

飽きない理由を書きに列記。

1)マップやユニット編成の自由度の高さ

2)人と人との関係性

3)細かいアップデートでゲームが古びない

4)絶妙なバランスで絶対な正解がない

5)人口が多いため多様性に富む

6)クラン対戦

私はPCゲームユーザーで、どうしてもそれと比べちゃうんですけど。

PCゲームは日本ではとってもマーケットが狭くって肩身が狭かった。

肩身が狭いだけならいいんですけど、ユーザーの層が薄いんですよね。

だから、MOD(改造データ・シナリオ・公式が認定)も、AARとかいうリプレーも、数少ないコアユーザーに頼っていくしかない。

で、どのゲームでも必ず「突如として現れた、奇跡としかいえない天才」みたいな人が必ずいて、その人がいるうちはいいんですよ。

その人の創った改造シナリオで遊べる。その人の書いた面白い読み物が読める。

ただその人が飽きたととたんにそこで改造シナリオの提供がストップしてしまう。AARの更新もなくなる。

ま、アマチュアだからいいんですけど。文句を言う筋合いじゃないですけど。寂しいんだよねえ。

いっぽうクラクラはもう、全員がMODユーザーみたいなもんで、みんなが好きに自分の村をいじって、他人の村を攻める。

あたりまえかもしれないけど、これすごいことです。

全員が開発者となって、たぶんスパセルも予想を上回る戦術や遊び方を開発していっている。

一人や二人のコアユーザーではなく、もう数十万人単位のコアプレイヤーの創造力を生かす仕組みが整っている。

だから変化し続ける。飽きない。

そして人と人とのつながりが千差万別。

単なるゲームのつながりを超えて、いいやつ、こわいやつ、ゆかいなやつ、まじめなやつ。

チャットに打ち出される文字列はその人の心を映し出していく。

コンピュータだけのシングルユースでは決して、できないことです。

飽きないのも当然ですね。

そして今日も今日とて、出撃し、チャットし、編成し、頻尿を疑われるのです。

アークランを! ゥ変エダイ! その一心でええ!! ィヒーフーッハゥ。
クランカラ、独立して! やっと! リーダーに!! なったんですううー!!!

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta