• このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロガー(笑)としてのわたしと、群馬の指揮官(笑)としてのわたし。そのギャップについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です、pontaです。きもいタイトルなのはよくわかっています。

新人さんから「ブログのイメージと違う」とよく言われる3点を下記列記。

Barón_Ashler

「すぐキックをするんでしょ?」

なんで俺はそんなキックキャラになっているのだろうか。

半分当たり、半分外れです。

加入早々、ナメた言葉づかいしてるとすぐ蹴りますし、攻撃的な言動もアウトです。
ただ一般的なマナーをこころえて、必要最低限のコミュニケーションができる人は蹴りません。
あたりまえじゃないですかそんなもん。 

また、短期的な星のとりこぼし程度でキックなぞしません。ここ重要。
一回や二回や三回のミスで蹴っていたら、いまごろ群馬帝国遠征軍は私ふくめ全員がいなくなっています。

そもそも私からミスをとったらただのイケメンになっちゃいますよ…?(顔が見えないネット社会の盲点をついた巧妙なイメージ操作)

誰とは言いませんが、うちの某エースオブエースも、先日、「対戦中に電話がかかってきて星ゼロ」というベタなエラーをぶちかましました。でも誰も彼への信頼は揺るがない。

基礎的なテクニックの有無や向上心、センスといったものは一、二度見ればだいたいみんなに明らかになりますから、そこさえ証明できれば短期的な成績でどうこうは誰も言いませんよ。
そんないい人材を若干のミスごときで逃したくないです。 


「ブログみたいなゆかいなチャットが炸裂するんでしょ?」

すんません、ブログ書いてる時やサブ垢をいじってるときは当然、チャットに出没しないので、リーダーとしてはけっこう無口な部類かもです。
しゃべるときはしゃべるけど。
多くのクラメンとはLINEでつながっていますので、そこはだいぶ助かっています。
口数の多さはブログでフォローってところで、すんません。怒ってるわけじゃないのよ。
楽しいチャットは、クラン内にたくさんいるムードメーカーに助けていただいています。

「ルールでガチガチに縛ってるんでしょ?」

正直、戦術指揮官としての私はゆるゆるです。これが一番、イメージと違うって言われます。

クラン立ち上げ当初はうるさくいってましたけど、いまはもうお任せです。

「最終的にぜんぶ星3で埋めれば負けない」というターゲットだけはいちおう、示しています。

そのための道筋はクラメンに完全委任しつつ、私はそのための人集めと選別だけはがんばる役割です。

そもそも私自身、「リーダーに過度にうるさく言われたらダルい」って性格なので、攻撃先までどうこう言いたくないんですよね。ましてや相手も大人でしょ。

それぞれ、「チャレンジしたい人」や「偵察が好きな人」、いろいろいると思うので、そこはもう「当事者同士で話し合っていいようにやってちゃぶだい」って感じです。
「だって俺よりみんなのほうが巧いし賢いし」っていう、卑屈な信頼感ですわ。

対戦はもちろん真剣勝負ではありますが、週末の草野球的楽しさまで奪いたくないんですよねぇ。週末おやじとしては。

草野球で例えると、もし誰かが「俺サードばっかりやってるから、たまには外野やらしてよ」と言い出したとしても監督の私は「楽しきゃええねん」って喜んでOKだします。。

ただもちろん「おれ野球未経験者だけどピッチャーやるわ」とかいう人がいたら「草野球なめんなや」ってさとしますが。

そのへんのさじ加減は言わなくても君も大人だからわかるよね?ここで何するかわかるよね?ってかんじです。(いやらしく言ってみました)

そもそも言葉遣いのきちんとした方だけ残していけばもれなく、攻撃先も自然とfor the teamになりますね。もう完全委任に近いです。

以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. さなぎ より:

    クラクラの作戦ってメンバーが信頼できれは必要ないと思うんですよねー
    結局は自分の実力でギリギリ★3狙えるとこを攻める以上のことはないので、実力と勝利へ貢献する意識があれば作戦など無意味だと思います!
    まあ、ウチのクランは作戦ガチガチですよ!
    互いに不信感を持ってるので(笑)

  2. りーくえ より:

    長州藩の毛利敬親のようなリーダーですね。
    優秀な人が集まるわけだ。

  3. Ponta より:

    りーくえさん
    そうせい侯最高ですよね!
    万能だけど、、の徳川慶喜と比べるとより面白いです。

  4. Ponta より:

    さなぎさま
    そうしてきちんと言葉ですりあわせるのも大事だと思います。
    察しと思いやりは日本の美点でもあるし、言語化しない悪癖ともいえます。
    なんちて。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。