クラクラ、楽しくなければ続かないよねという話

2016年5月28日

お疲れさまです、pontaです。コメント欄を承認制にしました。ご承知おきください。

私の日々、心がけていること。

それは「楽しくなければ続かない」というのというものであります。

「無理は続かない」と言い換えてもいいけれど。

対戦ガチクランを運営してますと、加入してきた方の中には私よりガチな方がいるわけですよ。

先日の「敵のTH8上位は味方TH9で早々に片づけて、味方TH8は偵察にまわすべき」とか「対戦の援軍はTH10が用意できる最高レベルのユニットをでそろえるべき」とか。

それは一面では正しい。対戦勝利への最短距離かもしれない。

その人たちだってクランのためを思って言ってくれてるわけで、ありがたい話です。

ただいっぽうで、「他人から強いられる偵察って楽しいか?」とか、「数少ないTH10にばかり過重な負担をかけていいのか?」という問題が付きまとう。

それよりむしろ、クランのルールが気づかないうちに特定のクラメンの負担になっていて、ある時ふっと、嫌になってやめられちゃう。そっちのほうが私は怖いと思う。

だから私は「ここぞのときはともかく、基本的には自己犠牲なんてやめようぜ」という立場です。

日和見、妥協といえばその通りなんですけど、紳士淑女が余暇の時間でリアルの憂さを晴らす、「たかが」ゲームで、ストレスを感じるなんてばからしいよ。

心底、そう思います。

「楽しい」は心が鳴らすシグナルみたいなもんで、それはその人の適正にもっとも合っているという証だから、それは大事にしたほうがいいです。

逆に「つらい」は無理してる証拠だから、ストレスのもとをさっさと断ち切ったほうがいいです。



心に従う、無理はしない、ということはすごく大事なことです。

群馬帝国遠征軍の本部は週2対戦で、私は常時でもいいくらいなんですがクラメンが疲弊しちゃうかなと思って週2にしています。

対戦一回一回にかかる心的エネルギーはものすごいものがありますから。無理はしない。

ただ、本部とは別に『予備軍』という、本部の非開戦日に戦うクランもあり、こちらはこちらで大人気!

2015-01-26-12-57-32

予備軍という名前もよかったようで、本部にかかる星3プレッシャーから解放された戦闘マニアたちが一時的に移籍して、のびのび楽しく戦っています。

強制参加じゃないから、みんな本当に戦いたくて集まった人ばかりなのも良い。

またこの予備軍はエースと新人さんのよい交流の場にもなっており、新人さんの中で次代のエース候補の発掘されるよい機会になっています。

大ホールのコンサートもいいけれど、カラオケで気楽に歌うのも楽しい、みたいな?

楽しく長く続けてれば遠くにいけるよ、てなわけで、以上、よろしくお願いします、