• このエントリーをはてなブックマークに追加

クラン「支部」運営のTips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です、pontaです。

先日の対戦後、新人さんから「前のクランだったら絶対負ける相手にも勝てるので、めっちゃ楽しいです。群馬に来て本当によかった」と言われうれしかったです。

うちは不参加者がいない、コミュニケーションが取りやすい、そしてみんなうまい。

当たり前のようにやってますけれども、実は当たり前じゃないことなのかもしれないっすね。

おかげさまでいま「群馬帝国遠征軍」グループもいま120人くらい。全員アクティブ。放置なし。技術も水準をクリアしている。人柄もきちんとされている。それは私の誇りです。(ドヤァ)

加入者数も増加の一途。週に7~10人くらいずつ増えており、さらに支部を増やそうかなあと思っているところです。みなさんも、ぜひ。(営業スマイル)

yokoso

って、自慢じゃないです。プロモーションですプロモーション。
時には臆面もなく自社製品のメリットを言うときも必要なんや。大人には。
まあブログでヒーラー姉さんとかなんとかやってますけど、すべてはクランを強くするため。クランに人材を集めるためです。

負けたくないですからね。負けたら悔しいもん。


そりゃまぁ、たまには負けることもあるでしょうよ。100戦して100勝とはいかないから。
でもどうせなら納得して負けたい。

不参加者のせいとか、外出しタウンホール狙いのエゴイストのせいとか、そういうのはほんと嫌なんで。やるだけやって、いい人集めて。クラン対戦にのぞみたい。その一心です。

「120人もいればもういいんじゃないですか?」って言われたこともありますけど、個人的にはまだまだ足りないかんじです。
以前、本部で中華のとある0勝クランと戦ったことがあるんですけど、そこが鬼のように強かった。たぶんチートも使ってなかったんじゃないかな。

調べたらそこは中華でもそこそこ有名な強豪クランのグループだったようで。
数百人いるメンバーの、さらに選抜メンバーだったようです。

もう手も足も出ずにやられましたね。「異次元の強さだった」とぼうぜんとするクラメンの言葉が印象的でした。
勝つにはもう、ここまでせんといかんなあとそのとき思いましたね。
数百人集めて、その中から精鋭中の精鋭をよりぬいて戦おうと。
南の一つ星を見上げて誓った。どんなときも対戦を絶やさずに。
勝利への思いこそが私のプライド。

PRIDE
EMI MUSIC JAPAN INC.
2006-02-22


どうでもいいんですが、その精鋭中の精鋭に、俺は入っていいもんなんですかね。
そしてまじめな話、50人の精鋭が集まったとして、実際はその50人で足りるかっていうと微妙なんですよね。
時期的に仕事が忙しいこともあるでしょうよ。
知人のクランに誘われることもあるでしょうよ。
アチャクイ工事中のこともあるでしょうよ。
端末が故障してしまうこともあるでしょうよ。
そういった急なアクシデントに対応するためにも、2割はどこかに人材をプールしておかないと、いざというときに希望の人数が揃うとは限らないんですよね。
そこで支部ですよ。支部。本部とは別に用意する、人材の受け皿のアレ。
人気クランの証としてなんかちょっとかっこよさげなアレですよ。

「うち、50人じゃ収まりきらないから…支部作りました…」って前髪かきあげながら言いたくなっちゃう系のアレですよ。

ただ、なんでんかんでんの社長が言ってましたけど、ラーメン屋の味が落ちないのは3店舗まで、それ以上は管理しきれず質が落ちると。

支店を作ったがために本店の味が落ちては本末転倒です。

うちは現在、本部と支部はあわせて5つ。

うまくやってるように見えますけど、これでも昨年秋に第一支部を立ち上げてからいろいろ試行錯誤しました。

そこで今日は、秋口の自分に助言するつもりで支部クランの運営方法について書いてみます。

皆様の何かご参考になればと思います。

それぞれの特色を明確にする

本部、支部の特徴は明確にしたほうがいいと思います。
「一軍&二軍」「練習用」「対戦特化」「非対戦」「休眠用」など、個性がはっきりしていればいるほど、その支部は栄えます。
支部を完全委任しない

私は最初、支部を信頼できるクラメンに完全委任していました。
ただ、支部のリーダーがいくら優秀な人であっても、いや優秀であればあるほどホウレンソウがきっちりしているため伝達や確認の頻度が多くなります。
この人はキックしていいですか?この人は昇格していいですか?この人は承認していいですか?などなど…。それ自体はすばらしいことなんですけど、おたがいとってもわずらわしい。
だったら私が最初からそこにいたほうがいいやってんでサブ垢を支部に置いたところ、万事うまくおさまりました。
支部を完全委任する場合、メンバーは全員見知った人にする(新人を直接入れない)

支部を3つ、4つと作る場合、もはやリーダーが直接管理できないケースも増えてきます。そんなにサブ垢は増やせないですからね。そういう支部には「信頼のおける人だけ」の参加を是とし、新人の加入は禁止しました。

こうした場合、キックや新規加入等、人事関連の確認はまったく必要ないので完全委任でまったく問題ありません。

よく「新人さんはまず二軍」というクランは多く、うちも現状そうなんですけど、そういう二軍こそ創設者がきっちり目配りすべきかと思います。

また、すごくいやらしい話をすると、新人を受け入れる二軍に創設者のアカウントが存在しないと、新人さんは創設者ではなく二軍のリーダーに強い思い入れを持つようになります。
そりゃまあそうですよ。自分の戦いを見もしない創設者より、援軍を送り、アドバイスや励ましの言葉をかけてくれる二軍リーダーのほうが近しい存在ですもん。
さらに、二軍じたいに愛着を持ち、昇格をいやがるようになります。
人間の心理上、それはやむを得ないことなんですが。
私はそうなるとやりづらいなと思ったので、サブ垢を置きました。心がせまくてごめんよう。
本部にエースを集めすぎない(タウンホールのレベルをバランス良く編成する)

一時期、TH9以上のエースを「本部」に集めました。するとクラン対戦で、敵のTH10の数が味方の数倍という、不公平な戦いが連発しました。
現在の対戦のマッチングの仕様では、クロスボウの影響が高く、インフェルノタワーの影響が低いため、TH9の集団はどうしても不利なんですよね。

それでも9月くらいまでは、敵にTH10が多くてもなんとかなったんですけどね。

クラン対戦の研究が進んできたせいか敵の配置も洗練されてきて、なかなか味方のTH9で星2だの星3を奪うのが難しくなってきました。

攻撃は長年の修練がいりますが、防御は良配置を真似すれば一瞬ですからね。

このままだと群馬負けてまう、というタイミングで、本部のTH8の比率を増やしました。
マッチング調整ってやつですね。以降、敵に恵まれる(TH10の数が当方の2倍くらいに収まる)ようになりました。
明らかに俺や味方や俺の士気が上がったので、これはよかったと思います。
明確な左遷場所を作らない

支部を左遷場所みたいにするのはよくないです。
普通に考えて、言うほうもいやだし言われるほうもやですよね。
一時期、「海軍」をそのように扱っていたんですが、どうもしっくりこなかった。
それよりむしろ明確に実力の劣る人材はキックして、ポテンシャルはありながら一時的に星が取れない人は自主的に「予備軍」にいってもらうようにしています。
逃げ場所を作る

私がスランプのときにつくづく感じたんですが、対戦ガチクランのプレッシャーって、パないですね。星3を取り逃したときに感じるいたたまれなさったら、ないですよ。リーダーでさえこうなんだから、他の方はさぞや。申し訳ない。
辞めたい!と思って、実際辞めていく人を何人も見ました。
キックで有名な「群馬帝国遠征軍」ですが、実は斬首より切腹のほうが何十倍も多いんですよ。私も何度も腹を切りたくなりました。

貴重なプレイヤーが何人もハラキリをかましているのを見て、このまえ「予備軍」を作りました。不調の人、アチャクイ工事中の人をここに集まれ的な。

そしたらみんなのびのび戦っていて楽しそう。
本部のプレッシャーまみれの戦いも、それはそれで得難いものですが、心すこやかに戦える予備軍の魅力もすばらしいものがあります。
ponta垢がそっちに移るのは許してもらえないのがちょっと納得できないですが。

そしてさらにアチャクイ工事中の人が予備軍に集まったことで、本部も全員ベストコンディションで戦えるようになり、星取りがえぐくなりました。これも副次的効果としてよかったと思います。
交流戦を頻繁に行う

私はサブ垢があるからみんな知り合いでいいんですけど、本部や支部にずっといる人はグループ内の別クランメンバーと知り合う機会がありません。なので、内部の交流戦を頻繁に(週一)で行うことでグループ全体の一体感の醸成につとめています。いろんな人の戦いが見れて、純粋に楽しいですね。
グループ内の戦術の見本市っていうか、いちばんブラッシュアップされるのはこの交流戦な気がします。
LINEやブログを活用する
グループ全員の一体感醸造や連絡にすげー便利。

今日のこれ、本当は教えたくなかったけど…しぶしぶ書いちゃいました…支部なだけに。

すまない。これが書きたかっただけなんだ。

以上、よろしくお願いします

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. たけ より:

    記事読ませて頂きました。
    120名を越える巨大組織、羨ましいです!
    当方のクランはまだ結成3ヶ月程ですが、
    pontaさんのように、ブログを利用しでメンバー集めていきたいと考えています。差し支えなければ、相互リンクをお願いしたいのですが如何でしょうか。
    クラクラ@ジェンコ・オリーブ商会
    http://genco-clan.org/
    以上、宜しくお願い致します。

  2. ごしる より:

    あのー 宣伝しまくってるのは良いんですが幾つかの掲示板で騒いでるアホをなんとかしてくれないでしょうか?

  3. ponta より:

    >たけさん
    ありがとうございます。
    リンクはりました。ご確認くださいませ。
    >ごしるさん
    私が宣伝しているのは自分のブログと、自分のTwitterだけです。むしろ相互リンクは頼まれるほうです。
    うちのメンバーで、万が一、私の預かり知らないところで騒いでる人がいたとしたら(いないと思いますが)やめてください、と伝えます。
    ただ、たとえば、私のことを嫌いな人が2ちゃんねるで
    群馬、群馬と騒いでいるとしたら、それはどうしようもないですね。。。。

  4. たけ より:

    リンクありがとうございます!
    こちらもリンク貼らせて頂きました。
    今後とも宜しくお願いします。

  5. ingeni より:

    初めましてingeniと申します。
    クラクラ攻略する人される人を興味深く(ときに爆笑しながら)読ませて頂いております。
    この度及ばすながら、初心者向けの攻略ブログを開設いたしました。戦術を中心に紹介しております。
    よろしければ相互リンクしていただけないでしょうか?
    クラクラ戦術考究
    http://coctac.blog.fc2.com/
    ingeni

  6. ponta より:

    宣伝はむしろしに来ていただくほうなんやで。。
    >たけさん
    ありがとうございます
    リンク確認しました。
    >ingeniさん
    ありがとうございます。爆笑うれしいです。
    リンクはりました。ご確認くださいまし

  7. ingeni より:

    リンク確認いたしました!ありがとうございます!!
    今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。