クラクラチャンネル様×群馬帝国遠征軍のコラボで、イベントクラン戦を行う件

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。
クラクラチャンネル様とのコラボで、「クラクラチャンネル×群馬」というイベントクランを立ち上げました。

2015-02-14-07-57-32

下記、その説明。

<経緯>
私が先日、「クラクラチャンネル」様に遊びに行き、「なんかやりましょーよ」とか適当なことを言ったらドズル様がTwitterで返信をくださり、コラボ戦を行うこととなりました。

2015-02-14-07-59-48

 

「やらせはせん、やらせはせんぞ!」とか言われても、文句のいえないところだったんですが。名前的に。

ドズル閣下

 

快諾いただき感謝です。いい人です。

声を聞いても、ドズルさんはいい人っぽいんですよね。
そのわりに、「切るべき人はきちんと切る」という優先度付けをきっちりやられているようで、その割り切った運営方針に共感を持っていました。
【メンバー
お互い15名ずつ、メンバーを出しています。
メンバー選抜は「立候補」。早いものがち。 
タウンホールレベル的に、非常にバランスのとれた編成になったんじゃないでしょうか。
●クラクラチャンネル様
TH9が7人、TH8が7人、TH7が1人

●群馬帝国遠征軍
TH10が2人、TH9が11人、TH8が2人

下図がメンバー表。赤丸がグンマです。
 

BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
2015-02-14-07-50-49

ルール】
●お礼について
群馬は、援軍のお礼は言ったり言わなかったり。クラクラチャンネル様は、お礼は言わないルール。
これには「クランチャットを流さないため」という合理的な理由があり、なるほどなあと思いました。お礼は言わない方向で行くこととしました。

●攻撃先について
クランチャンネル様は、ドズルさんがメールで指示する形で攻撃先を決めているそうです。
私は、自主的にやれ好きにやれどんどんやれといういい加減さ。
混成クランという性質上、今回は後者の方式で行うことにしました。

●見学について
クラン内外とわず、見学者はナシということになりました。
ぜひクラクラチャンネル内の動画、およびこのブログにてお楽しみくださいませ。
【クラン名】
私が昨晩、メンバー受け入れ用にクランを作らせてもらったんですが、悩んだのはクラン名。

当初、「クラクラチャンネル群馬」とか「群馬クラクラチャンネル」というクラン名を考えたんですが…なんだろう。「群馬」の字面が強すぎる…(嫌な意味で)。
有名なクラン様に、まことに失礼の極みながら、ためしに群馬の名前をまぜてみた。

——————————-

・「群馬の誉」⇒お国自慢っぽい

・「群馬のべーとぅーべん」⇒“浪速のモーツァルト”ぽい

・「群馬CLUB ONLY」⇒すごく排他的なかんじ

・「BAD LAND 群馬」⇒すごく住みづらそう

——————————-

「群馬」という字面は、かっこいいクラン名を台無しにする力がすごいなと。
そんなしょーもないことに気付きました。

結局「クラクラチャンネル×群馬」とさせていただきました。×は便利だよ、兄貴ぃ!
【放送】

 
ドズルさんが「群馬帝国遠征軍」って口にするのを聞いて「うわぁぁぁ」って感じになりました。
だっせぇぇぇぇ。(禁句)誰だよ!こんなクラン名つけたやつ!( つ鏡 )
ダサさと厨二の夢コラボだよ!

よく考えてみたら、私、このクラン名を「音」で聞くの、初めてでした。字面はヘドが出るほど見てるんですが。
新鮮な恥ずかしさでした。ありがとう(←?)
【相手】
TH10の数が3人とやや格上の46勝インドネシアクランとあたりました。
いい感じなんじゃないでしょうか。

2015-02-14-07-57-32

【楽しそう?】
どうですかみなさん。
「なんか楽しそう」と僕らに嫉妬しますか?嫉妬しちゃいますか?

ん?んー?

馬鹿野郎!2/14(土)の夜、世間的にはもっと楽しい対戦をやってるわ!独身の!男と女が!

(頭を抱えて床をゴロゴロしながら)
 
若くて!きれいな!女性と!いちゃいちゃ!しながら!!!!!ホテルとかで!自宅とかで!

チョコを食べながら、彼女のゴディバをゴディっとするんですか?

「君のこの明治…イメージ通りだ…」ですか?やっかましいわ!!!

彼女のお父さんとお母さんが18年かけて育てた手作り少女。
そのお口の恋人はいまや、あなたのインフェルノタワーですか?
いやらしい!!
やーい!お前の彼女、不正クラン!化粧の技術がチートなみ!!

体がゴーレム、顔ゴブリーン!

おっと…すみません。心にもない嫉妬を吐露し、自虐キャラを装ってしまいました。
まったく、心の闇をさらけだしたフリをして、道化を装うのも楽ではありません…。

10代や20代の若い女性の輝き、そしてテンションの高い恋愛、ほんとどうでもいいし、まったく興味のないこと。

正直、ぜんぜんすこしも、ちっともまったく、うらやましくなんかないです。ないですってば。

バレンタインの夜はやっぱり、告白する人される人より、攻略する人される人でしょう、やっぱ。
そうだろう?君もそう思うだろう?

あと負け惜しみじゃありません。

電波男 (講談社文庫)
本田 透
講談社
2008-06-13


以上…。…よろしくお願いします…。

イベント

Posted by ponta