クランのエンブレムを一新し、過去とのしがらみを断ち切った件

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

今回のアップデートを受け、クランのエンブレムを変えました。
燃える赤地に白い三本線。

2015-02-25-07-31-22

クラメンの反応はというと

「ユニットが三倍速くなりそう」

「ちょうど映画の公開が近いですもんね」

「ニュータイプになりそこねた男って感じです」と大好評。

みんなおっさんだなおい大好きだ。


さて、これまでわが「群馬帝国遠征軍」では「緑地に黒い模様」のエンブレムを使用していましたが、これは別に私が決めたわけじゃないんすよ。

もともと、私や最古参のメンバーが所属していた「群馬帝国軍」というクランが使っていたエンブレムをそのまま流用したのです。

クラン検索で「群馬帝国」と入力したとき、そのクランがヒットするのを目にした方もいるかと思います。

私は「群馬帝国軍」には2014年2月~4月まで所属していました。

当時は50人の大規模クラン。リーダーが放置プレイヤーで荒らしもお子様もキックせずでしたが、しっかりした人たちが一定数いたので居心地がよかったのを憶えています。

しかし、私が所属してから2か月後の2014年4月。クラン対戦が始まります。

3戦して1勝2敗。
中韓のクソみたいに弱いクランに、クソみたいな不参加メンバーのせいでぼろ負けよ。

放置をキックしないリーダーにぶちぎれて、クランを飛び出し作ったのがこの「群馬帝国遠征軍」です。

その「群馬帝国軍」のメンバーについてきてほしくてエンブレムも名前もオリジナルをもじった形にしました。
3人しかついて来なかったけど。もっと来ると思ったんだけどなー。

まるで、大会社「トヨタ」から退社独立して、まったく無関係なくせに新会社で「トヨタアセットマネジメント」とかいう名前を付けて過去の栄光にすがる、ベンチャーの人みたいなノリです。
(ほんとにそんな会社あったらすみません)

それからしばらくメンバーが集まらなくて悲しくて、集客のために苦し紛れに立ち上げたブログがこれ。

「クラクラ攻略する人される人」です。

仮定の話ですが、その「群馬帝国軍」のリーダーが放置気味プレイヤーでなければ私はずっと、そこのサブリーダーとして彼を支えていたことでしょう。

そもそも「群馬帝国軍」とは別のクランに入っていたら、私はそのクランのために尽くす「広報担当」として、「うちのリーダーは最高!」とか言うノリでその人のためにブログを書いていたかと思います。

なんかちょっとしためぐりあわせなんですよね。

「群馬帝国遠征軍」という名前も、繰り返しますが当時の放置リーダーがつけた名前をいじっただけで、別にとくに思い入れもなく、今も昔もだっせえっていうか、変えたくて仕方ないんですけれども。

ただ、後付になりますけど、こういう意味合いが込められていると解釈できなくもないっすね。

・帝国→拡大していく

・遠征→対戦に行く

・群馬→ネタ満載

まぁ、完全に完璧にパーフェクトに後付ですが…。

意味はあとからついてくる、ってなもんで。

ダサい名前をダサいままにしないぞという心意気。
俺たちがこの名前を輝かせるという熱い思い。

まぁ、ダサいんですけど。。

そしてついにこのたびクランのエンブレムを一新し、心理的にも完全独立。

群馬帝国遠征軍、第二章に入ります、ってなもんで。

みなさん引き続きがんばりましょー。

以上、よろしくお願いします。