• このエントリーをはてなブックマークに追加

クランレベルを勲章にしたがる自分の弱さに気付いた件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です、pontaです。

「クランレベル」制度が導入され、その全容がだいたいわかってきました。

ダウンロード

うちも週3対戦、そして50人対戦に切り替え、できるだけ早く、クランレベルを上げるようにしています。

できるだけ大人数。これがクランレベルを上げる最大のコツです。

433097f2

■クランレベルを上げるメリットは下記エントリーですでに書きました。

最強クランのつくり方―クランレベルシステムの導入を受けて

クランレベル4のクランもいくつか出てきて、昨日はこんなつぶやきを見つけました。

こういうのを見ると焦ります。正直なところ。

なのでjapan coc forceのリーダーさんの気持ちはよくわかります。(この方はリーダーではありません)

クランレベルをMAXスピードでかけあがる最適解はすでに見えています。それは下記。


1)連戦を行う(終戦後、すぐ開戦する)

2)50人対戦を行う

3)TH8以下を多めに入れて不利マッチングを避ける

で、幸か不幸か、「 群馬帝国遠征軍」はこれをできる状況にあります。

50人がそろってて、TH8をバランスよく混ぜこめる。

問題は1)よ。終戦後の即開戦。

私はこれを、どうしてもやる気にはなれませんでした。



うちのクランは社会人が多いです。そして、昇降格、移動の手間が多いです。

(最近では人事は、海軍のせいさんやけっちゃぷさんに任せてしまっています。)

クラン対戦が増えれば触れるほど、こうした人たちに負担をかけることになります。

もちろん、クラメン100人みんな対戦好きのつわものぞろいですが…。

それにしたって、うちの場合、完全な連戦にするのは、自分の焦りというか功名心というか…。

そういうものでクラメンをひきずりまわすっていうか…そんな気がして「 なんかちょっと違うな」という気がしました。

もちろん、ふんぎりをつけてそういうスピード競争に身を投じるという決断をしたクランは素晴らしいと思います。

ただあくまで私と私のクランの場合、単純にゲームを楽しむのとちょっと違う方向に焦ってる気がして、「ちょっと落ち着こうか」って感じです。

そもそも私は、他の人のブログとか動画チャンネルとか、あんまり見ないんですよ。

だって「面白いなあこのブログ。俺なんかクソだな」とか思って、すーぐ落ち込んじゃうから。

私はいったい、なにを焦っているんでしょうか。

何を見失ってるんでしょうか。

そもそも1年前、私がこのクランを立ち上げたのは、目の前の1戦に負けたのが悔しかったからです。

このブログを立ち上げたのは、クラン対戦ができる10人を確保するためです。

日本一のクランを作るためでも、アクセス数を上げるためでも、ありませんでした。

目の前の一戦一戦を、気のいい仲間と戦って勝つためです。

ちょーっと軌道にのったからって、なに生意気に「先」や「他」をみてるんでしょうか。私は。

まず私が見つめるべきは、本垢で戦う相手クランだけであるべきです。

そこに勝つ!

勲章としてのクランレベルや100勝、名声。それがどうした。

大事なのは、1勝1勝の積み重ねとしての100勝。

目の前の1勝をもぎとるためのクランレベルであるべきです。

重ねていいますが、よそ様を否定しているわけではありません。

ゆうべ、自分の弱さ、傲慢さを見つめて、そんなことを考えた次第です。

そんなことをツイッターでつぶやいていたら、クラクラをまったくやっていないリア友から冷静なつっこみがきました。

ですよねー。

aa

焦るんじゃない。

俺は勝利に飢えてるだけなんだ。

以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. うさぎ より:

    焦るんじゃない…
    ヒーラーはまだ婚期がきてないだけなんだ…

  2. チャオズ より:

    フォーカスが狂ったら原点復帰が1番です。
    リダの出した答えには皆んな付いて行きます👍

  3. ponta より:

    >うさぎさん
    うさぎさんってヒーラーさん好きだよね!
    >通りすがって二度見さん
    こんないいコメントを非公開だなんて、、、
    私は朝から元気をもらいました。ありがとうございます。
    >匿名さん
    ちょっとアレしました。どうでしょう。
    >チャオズさん
    リアル経営も、クラン経営も、ブレそうになったらたら原点回帰ですよね
    わたしも配偶者ともめたらあの場所へ行こう

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。