クラン対戦の新マッチング基準に関する雑感 ―紅白戦の失敗と今後の対策について

2016年5月28日

お疲れ様です。pontaです。

今週、紅白戦に2回チャレンジしたんですがうまくいきませんでした。
前までなら、これでうまくいったんだけどな…って感じです。

うまくいかなかった要因は3つ。

1)ライバルの増加
一つは「クランレベル」システムの導入で、クラン対戦を行うクランが増えたこと。

2)メンバー構成のバランスがいい(平凡である)
二つ目は、「群馬帝国遠征軍」の所属メンバーのレベルが良く言えばバランスがいいこと。悪く言えば平凡なこと。
TH10、TH9、TH8のメンバーが均等におり、そういうクランは世界的にも数が多いです。
メンバーが「全員TH10」とか「全員TH5」とか、何かしら尖ったところがあればマッチング相手もかなり絞られて調整もかなり楽なはずです。

3)マッチング基準の変更
最後はやはり、先日のアプデでクラン対戦のマッチング基準が変更になったことですかね。

以前ならマッチング調整の際、極端な話、インフェルノタワーと、クロスボウと、対空砲の強さ、そしてタウンホールのレベルを中心に見ておけばよかったんですが、今度のアプデでヒーローと壁もマッチングに大きく影響を及ぼすようになりました。

だから、諸条件をきっちりあわせたふたつのクランで同時押しして、それでいてはるかに格上のインドクランにマッチングされちゃったりするわけで。

image

これはもうわけがわからんね…。

ただ、その「格上」の敵クランも、ITの数こそうちの2倍だったりするものの、壁やヒーローの育成度ではうちの方が強かったりするわけで。以前のような「不条理感のある格上」では全然ないです。

互角っちゃあ互角です。

相当、条件を合わせたうちの2クラン同士より、タウンホール10の数が1.5倍のインドクランのほうが同格とみなされちゃったかあっていう驚きと納得。

こうしてみると、壁はかなり対戦のマッチングに影響するようになったのかなあ…っていう印象です。
 

そこであるクラメンから寄せられた案を次回、試してみようかなと。

image

タウンホールごとの仮設クランを作って、開戦ボタンを押して、並び順を確認してそれぞれの場所に分散するやり方ですね。

「開戦ボタンを押して並び順を確認」というのはコレのことですね。
image

別に仮設クランなんか作らなくても、普段のクラン対戦の並び順でいーじゃねーかといわれそうですが。

うちみたいに支部の多いクランとか、出入りの多いクランとか、お客様と一緒に戦うようなイベントクランの場合はこのやり方が適しているかもです。

もちろん、ここで表示される順番は単に「守備の評価値」であり、クラン対戦の「マッチング評価値」とはイコールではない可能性もあります。

ただこのやり方は、リーダーの負担が少ないためけっこういいかもしんないと思っています。
さすがひーらぎさん。わr…いや、知恵が働きます。いよっ!大統領!

以上、よろしくお願いします。