TH9スペさんと群馬の差。敗因レビューなど

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

TH9SPさんとの戦いの真面目なレビュー。振り返り。教訓。

先日に書いたレポートとほぼほぼ同じ内容なんですが、あっちはネタに寄せて書いちゃったので、ちょっと伝わりづらいいかなとおもったので普通の文章で書きますです。

クラン内向けにしようかと思ったんですが、外部の方にも参考になるかもと思い公開します。

適当に読み流してください。

現段階でTH9スペさんと一番差を感じたのは「守備」です。個人の主観ですけど。

あちらが全員、徹底した「ゴレホグ・ゴレバル対策」の村で全壊を防ごうとしていたのに対し、こちらはテンプレ配置だったり、よく言えばオールマイティな配置が多いように思いました。

「ネクロにも空軍にもバルキリーにもホグにも、強い!」みたいな。

でもやっぱりTH9の全壊戦術といえば現在、「ゴレホグ・ゴレバル」なので、それだけをターゲットに配置を組んで大丈夫というか、そうすべきと思いました。

大丈夫だよバルキリー使いそんなにいないし。

壁が強いならPEKKAからも守れるよ。

そんでもって、TH9スペさんの守備は、「序盤を崩す」ということを主眼に置いていたように思います。

私はこれまで、バネやテスラといった罠は「そこにあるとわかっていてもひっかかるような場所」(村の内側)に置くべきだと思っていました。

チート対策として。

しかし、TH9スペさんはあえて罠やテスラを村の外側に置き、こちらの第一回目の攻撃を崩してきました。

初見殺し。

想像してほしいんですが、もし、村の中心部にゴーレムを届けるためのWBがバネで飛んだら?


ゴーレムがテスラにひきつけられたら?

クラクラの攻撃は序盤が9割ですから、そこでプランが崩れたらやっぱり、うまくいくはずの戦術もうまくいかない。

そのへんを明確に狙っていました。

さらにTH9スペさんは、攻撃面でもWBを出すとき、まとめてではなく波状に出撃させていました。

それにより、「一人目のWBがバネで飛ぶ前提で」穴あけをしていました。

(群馬は罠を外側に置いてはいませんでしたけど)

群馬もそういうWBの出し方をしてる人がほとんどでしたが、ごく一部、1人ほど、できてない人もいました。まとめてWB出す子がいるなんて、先生残念です。やった人は手をあげてください。

はーい(挙手✋)

先生ー!!
 

さて、もっというと、TH9スペさんは群馬の「テンプレ配置」をまず、初見でやすやすと攻略していました。

したがって、序盤で大きな差が開いてしまいました。トリプルスコアくらいでしたかね。

群馬も中盤、敵の罠が割れてからは追い上げましたけど、攻撃回数を序盤に浪費したことにより終盤、息が切れてしまいました。

もちろん、序盤に攻撃し、罠に引っかかった人を責めるわけではなく。

今後はWBは多めに持っていこうね、ありえない場所にバネがある前提でWBだそうねということになろうかと思います。

また。「忙しくて序盤のリプレイを見る暇がなかった」という人はきまってそのバネに引っかかってWBが空を飛んでいました。

リアルの都合があるのでそのへんは責めないですけど。やっぱり、リプレイは見たほうがよさそうです。

 

なお、4,5回攻撃されて全壊を免れた村として、asunadaさんの村と、私の村があります

asunadaさんの村はクロスボウがなく、設備の防御力は群馬でダントツ最下位です。

それでも「いやらしい配置は強力な設備に勝る」ことを証明しました。

で、その舌の根が乾かないうちに逆のことを言いますと、「強力な設備はいやらしい配置に勝る」こともあります。

その好例が私の村です。私の村はゆるゆる配置。だって空軍、asunadaさんみたいにうまくねぇもん。

いい配置なんか思いつかないです。

そんな配置でも守り切った、それはなぜかっつうと、実はエアスイーパーがレベルマックスだったのです。ひとりこっそり。えへ。時短しちゃった。

真面目な話、TH9や10の全壊戦術の多くが黒バルの破壊力に拠っている以上、エアスイーパーのレベルを上げておくのはかなり有効だなと。優先的に強化ください。

私が気づいたのはそんなところです。

更地合戦というより防衛合戦、的な。

まあせっかくの敗戦、骨の髄までしゃぶろうじゃないといった感じです。

以上、よろしくお願いします。

配置

Posted by ponta