公式さん(スーパーセル運営)とお会いしてきました

2016年5月28日


お疲れ様です、pontaです。

先日、ポンタ杯の準備をしていた私のところに公式さんから「お会いしませんか」とメッセージをいただきました。

「あ、怒られる」と一瞬思ったものの、マジでその場合は内容証明とかそっちに違いないので。


まあ大丈夫かなと思って喜んでお会いすることにしました。

大丈夫。みなさんの言いたいことはわかってます。

ちゃんと「日本のユーザーの多くはヒーラーを偏愛しており、その強化を心待ちにしています」とお伝えしてきますのでご安心ください。
 

不安がないといえば嘘になります。
 

英語がしゃべれるのか?
 

叱られないのか?
 

いやしかしそんなことより重要な問題が…。
 

お会いする場所、わたしが勤務する会社のちかくなんですよね。。。
 

とくにトップがお気に入りでよくおとずれる場所です。まあ月1くらいですけど。
 

気を使っていただいたのだとは思いますが、よりによって…。
 

考えてもみてください。
 

昼休み、自分の部下や同僚が「ポンタ」と呼ばれ、外国の方からインタビューされてるのを見たら。

いぶかしいにもほどがあります。
 

まあ深く考えないことにしつつ。
 

スパセルさんとのトークに集中!!!

第一印象が大事です。長いお付き合いになるかもしれません。
 

きちんとね。笑顔でごあいさつをする必要があります。
 

こんにちは!スパセルのTシャツを着た方がいますねいますね…はい、うちの会社のトップが隣の席でしたー。
 

持ってるー俺持ってるー。
 

というわけでスパセルさんとの初めてのコンタクト、そのセリフは「席を替えてもらえませんか?ボスがこっちを見てる」でした。
 

リアルとバーチャルの交差点。大正面衝突です。
 

席は離れましたがトップ(マイボス)がこっちを見ている。当たり前だ。


でも気にしないことにします。
 

日本には「HIRAKI-NAORI」という言葉があります。
 

「HARAKIRI」という言葉に字面が近い気がするのはいま、私の気が動転しているせいかもしれません。


ここでいろんなことをお話ししましたよ。
 

初めてお会いしたスパセルの方々は本当に好感が持てる人たちで、クラクラが好きだ!もっといろいろよくしたい!という気持ちがビンビン伝わってきました。


クラクラは、これからもっともっとよくなる。面白くなる。そういう確信を持つことができました。

ブログについてもいろいろインタビューされました。

舞い上がっていてあまりよく覚えてないんですが「私は他のYouTuberに比べクラクラのテクニカルなことにはあまり興味がないんです。それよりクランを強くすること、あとユーモアで笑わせて、クラクラの楽しさをみんなに伝えることに関心があります」と答えた気がします。
 

とくにスパセルの方の関心を引いたのが「ヒーラーが相談に答えるコーナーがすごくいいわ(英語)」とのことで。
 

認きました。

まじかよ。心ひろすぎだろ。
 

あと、「ウィザードが新しいヒーローについてエレガントに考えるコーナー」というのも小声で言ったけど聞こえましたでしょうか。

これも公認でいいですよね?ね?


ここでポンタ杯のことについても説明しました。


「500人がパーフェクトにマッチングするなんてすごすぎる!」とのことで前代未聞のよう。

参加者のみなさん、群馬のみなさん、やまださんのおかげです。


クラクラの今後の仕様に影響を与えることを祈りつつ。


それ以外もいろいろ話しましたがおぼえてません。ということで。


もっともっとスーパーセルが好きになり、クラクラが好きになった1日でした。


あと、弊社のトップとはまだ話していません。

 

以上、よろしくお願いします。

ネタ

Posted by ponta