ponta杯の総括と次回の課題について

2016年5月28日

お疲れ様です。pontaです。

ponta杯の総括。まだ各種雑務が残ってるんですけど。書けるうちに書いておきますね。

結果的に大成功だと思っています。ドタキャンや計算違い相次ぐ中、10クランのマッチングがうまくいった時点でわたしの役割は終わってました。

ここまでは想定内。

想定外だったのはクラン内部の人たちに固い友情や結束が生まれたことです。

主催者の想像を越えた出来事のあるイベントっていいもんです。

次回やるとしたら課題は下記です。

———————————————-

・イベント申込みフォームの作成(エクセル入力がくそ面倒くさかった)

・係数の自動計算ツールの準備

・TH9「後半」「前半」の自動振り分け(自己申告を信用しない)

・攻撃先の予約システムの確立(大人数だと、口頭予約は無理です)

・「開戦から12時間は友人への攻撃を予約しておけるルール」の撤廃

・早期の対戦クラン入りの推奨(ホームクランの意図せぬ開戦を回避)

・キャンセル待ち用の待機所の創設

・「下手だから参加したくない」というひとのための「へたっぴリーグ」の開設。
 そしてMVPには「そんなにへたじゃない」という称号を授与する

・「ヒーラー大賞」など珍ユニットをうまく使いこなした人のための賞を創設

・各クランにリーダーとLINE等でつながったマネージャーを2名以上配置

・最大45人対戦まで(本垢とサブ垢で同時に押すため)

・担当割り振り(動画係、係数の計算係、成績の集計係)

———————————————-

あとMVPの決め方も難しいね。

今回は賞品が「名誉」&「Tシャツ等」なので「わたしの独断と偏見」でMVPを決めてもみんな、まだ笑ってられると思うんですけど。

たとえばですけど、次回以降、もっとよい景品がかかったときは「独断と偏見」は通用しないと思うんですよね。

公明正大な計算式を用意し、それにしたがってMVPを決めるか…。

あるいはトップクランから審査員を5人くらい用意するとか。

あと、スパイやチート対策はどうするか?とか。

最初に攻撃する人と、後半に攻撃する人の有利不利はどう勘案するか?とか。

スパセルの方はMVPに「勇敢な攻撃」の利用を推してましたが、これだとみんな上を狙ってしまって団結がくずれてしまいます。上位のカンスト不利だし。スパセルの方はあと、クソ配置から星3でも勇敢な攻撃になるのはアンフェアだと言ってましたね。

 

わたしはこの対抗戦。べつに自分でやりたいわけじゃないんです。マジで。

誰かやってくれるならそっちに乗っかりたいです。クソ面倒くさいんで。

上記、その方のお役に立てればいいなと思いつつ。

どなたか、オナシャス!

といったところで、以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta