【201506のアプデ速報(4)】闇の新呪文「アースクエイク」が登場!壁や施設にパーセンテージ攻撃!ライトニングうち逃げもできなくなるぞ!!【動画あり】

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

次回のアップデートについての追加情報。今回は大型ですね…。

昨日は闇の呪文「ポイズン」についてお知らせしましたけれども、今日は新しい闇呪文「アースクエイク」についてお伝えします。

zisinn

アースクエイク。すなわち地震ですね。闇の呪文工場レベル2、TH8から使えます。

こちらも、「闇の呪文工場」にて、ダークエリクサーを使って製作します。

呪文工場(ブリュ―) 〔闇の呪文工場〕

「アースクエイク」は、壁と施設にダメージを与えることができます。


〔タウンホールを、直撃!!〕

「ポイズン」はユニットを苦しめるのに対し、「アースクエイク」は施設を壊す、という違いがあります。

ただし、「アースクエイク」は、ストレージ系(エリクサータンク、金庫、ダークエリクサータンク)にはダメージを与えられないので、ご注意ください。

また今回のアプデにより、「アースクエイク」だけではなく、「ライトニング」も、ストレージ系にダメージを与えることができなくなりました。(金山やポンプには効きます)

地震3〔地震がきても大丈夫〕

地震4〔雷が来ても問題ない!…でもポンプは壊れます〕

つまり、これまで評判の悪かった「ダクエリタンクにライトニングうち逃げ」ができなくなったのです。

これはいいね!
 


〔ストレージにバリアの動画〕

あ、そこの「ライトニングがあるからアースクエイクなんてイラネ」という方。
アースクエイクのダメージは「数値」ではなく、「パーセンテージ」なのにご注目であります。

つまり、高HPの施設が立ち並ぶ場所に「アースクエイク」を落とした場合、総ダメージ数は極めて大きくなります。

逆に、低HPの施設の場所に落とした場合は少なくなります。
 

〔木こり小屋を、直撃。パーセンテージ攻撃なので、ダメージは些少〕

「ライトニング」以上に、地震を落とす場所によって、ダメージの総量が大きく変わってくる仕様となっています。
 



高HPの施設といえばストレージ系が代表格ですが、そちらには効かないっていうと何でしょうかね。

タウンホールや、インフェルノタワー、壁といったところでしょうか。

clanc 2014-09-03-18-32-26

これらが密集した地域に落とせば、ライトニングを超えたダメージを与えることができることが推測されます。

逆に、大工小屋やキャンプといった低HPの施設に対して使うと損だ、ということなろうかと思います。

なお昨日も書いたとおり、闇の呪文の占有スペースは「1」です。既存の呪文の占有スペースは「2」です。

今後、呪文の貯めておくスペースが「11」「9」などになりますが、これはライトニングやヒーリングが「11」「9」持てるということではありません。
 

「レイジ5個+ポイズン1個」とか、「アースクエイク11個」といった所有の仕方ができるようになる、ということです。

呪文工場3


またこれは闇の呪文全般にいえることですが、「既存の呪文に比べ、半分の占有スペースで、その効果の一部を得られる」のが、大きな特徴となっています。

つまり、これまで「ライトニング」が担ってきた援軍処理という役割は「ポイズン」が分担し、施設の破壊については「アースクエイク」が特化して担当することになります。

そのかわり、占有スペースもまた「ライトニング」の半分なので「とにかく援軍処理をしたいから、ライトニングではなくポイズンを2つ(3つ)持っていく」といった振り切った戦術がとれるようになります。

もちろん、ポイズンには敵の動きを遅くするという能力があり、アースクエイクはダメージがパーセンテージであるといったユニークさももちろん、あります。

なんかいいね、いいね!

また、呪文全般の製作時間が短縮されるのではないかといった噂もありますし、製作予約機能と合わせ、これまでちょっと使いづらかった呪文まわりが大きく変わるのは間違いなさそうです。

いいね、いいね、いいね!

あと、クランチャットの不適切な言葉を伏せ字にするフィルターをオンにできるようになりました(グローバルチャットのように)。

フィルタ

これはどうでもいいね! 

不適切な言葉ってなんですかね。「巨乳」とか「警察」とかでしたっけ。あと「巨乳」なんてのもそうだった気がします。「馬鹿」だったり「シネ」だったり「巨乳」とかも不適切な言葉だったりしますね。

フィルターの有無に関係なく、不適切な言葉の濫用は避けたいものですね。まったくよ。

以上、よろしくお願いします。

誤解されない話し方、炎上しない答え方
山口 明雄
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2013-02-16


 〔動画〕