【201506のアプデ速報(5)】まだあるんか!闇の新呪文「ヘイスト」で速くなる!あとアプデ総括【動画あり】

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

アップデートの追加情報。

これまで3日かけて闇呪文「ポイズン」「アースクエイク」についてお知らせしましたけれども、今日はその闇呪文三部作のシメとしまして「ヘイスト」についてお伝えします。

こちらTH9から使うことができます。



heisuto 

簡単に言ってしまうと、「攻撃力の上がらないレイジ」です。

ただ、呪文の占有スペースがレイジの半分の「1」しかないので、極端な話、「攻撃力が上がらないレイジを最大11個、持つことができる」といえます。

レイジとの細かい違いは私も未詳なところが多いので、実際に動画のキャプチャを見てみます。

ヘイストとレイジ、二つ並べて落とすと、 色違いなのがわかりますね。

動画。 

ヘイスト1

〔右上がレイジ、左下がヘイスト〕

ヘイストはオレンジの円の中を何かがちょこまかと元気よく飛び回っていますね。

不妊検査かな? 

レイジの方がちょっとだけ範囲が大きいかな…。範囲が5のレイジに対し、4くらいですかね。

この動画ではふたつの同種ユニットを「よーい、どん!」してますけど、スピードがだいたい同じなのがわかります。

事例としてジャイアントとか黒バルを使うところが、スパセルさんの推奨ユニットがわかりますね。

ただしレイジと違ってヘイストは、ユニットの体が大きくなっていませんね。

エレクチオンしていないのです。どうしてーどうしてエレ(以下略

ヘイスト2

〔怒りをともなわない限りジャイアントに攻撃力は流れこまンよ…〕

大丈夫。ひどいアップデートプレビューなのは自覚している。

だから少し黙っていてくれないか。

そしてヘイストの方がしばらく長持ちします。

ヘイスト3

長持ちするのです。

 レイジは18秒、ヘイストは25秒くらいっすかね。

ヘイスト3

また、黒バルで競争してみた動画もあります。

でもこれだとよくわかんねえな。

どっちだよ!どっちが早いんだよッ!ええッ!?


ヘイスト4 

また、ラバルーンのヘイスト動画もあるんですが、呪文枠「2」を使って二か所にヘイストをかけていますね。

〔 ラバルーンとバルドラの動画〕

ヘイスト5

レイジで2点落としをやろうとすると呪文枠「4」が必要になります。ヘイストだと「2」で済む。

この、「2カ所にヘイスト」はいいですね。

レイジは攻撃力も増す呪文ですが、ラヴァハウンドのDPSが強くなってもあまり意味ないですよね。

彼に必要なのは基本的にスピードですよね。

それはゴーレムも同様にいえますね。

そう考えると、壁役とヘイストの相性はよさそうですよね。

また、エアスイーパーの放つ風に向かって突き進む、「差し引きゼロ」の黒バルが見れるかもしれません。

ま、いずれにせよ早くて困ることはありませんよね。早いのは正義です。

俺はこの「ヘイスト」を使って世界一早い男になってやるぞ!!

あなた早いのね

藤子不二夫は偉大ですね。

冗談はともかく。これで闇の呪文3種の情報が出揃いましたね。

これまでお伝えしてきたとおり、闇の呪文は、既存の呪文よりも占有スペースが小さく、効果も限定的です。

そのため闇の呪文を「既存の呪文のライト版」程度に感じる方もいるかもしれません。

ただわたしはこのアプデを、単なる「ライト版」にとどまらず「プレイヤー戦術の爆発的な多様化」の引き金と申し上げたいところです。

今回、「闇の呪文」が3種が増えたことで呪文の所有パターンは爆発的に多様化します。

そもそもクラクラの「呪文」は、ヒーローの特殊能力と並び、ユニット配置後にプレイヤーが介在できる唯一の行動です。

戦場での「采配」と言い換えてもいい。

野球でいえば、ユニット編成は選手選び、呪文は「バント」とか「敬遠」「盗塁」といった采配にあたります。

「ヘイスト」を「11個」戦場に持っていけば、トゥギャ崎の「機動破壊」の再現ができますね。

また、「アースクエイク」にて「ゆさぶり戦術」を取る事もできるでしょう。

「ポイズン」を使えば、「敵チームの昼食に下剤戦術」を取ることができます。

「疾風ponta」「揺れponta」「毒ponta」といったあだ名もほしいままにできるでしょう。

なんかやだな毒pontaって…。

またこれからは「ゴレホグ使い」と一口に言っても、「毒ゴレホグ」「疾風ゴレホグ」「地震&毒ゴレホグ」といった細分化が進むことなるでしょう。

繰り返しますが、今回のアプデによって「プレイヤーごとに選べる戦術の幅が異常に広がった」、そして「プレイヤーのキャラがさらに立つようになった」とわたしは思っています。

戦術の多様化、楽しみです。

ただ今回のアプでは「TH7以下に恩恵がない」という声もあるようですが。

いやー、TH7はともかく6以下ののプレイヤーには闇の呪文はいらないと思うんですよね。

かくいうわたしのサブサブ垢は、いまTH5でやってるんですが、あっという間にお金がたまって、あっという間に設備ができる。工期が短い。

すごくサクサク進むんですよ。ゲームが。

加えて、タウンホールがひとつ上がるごとにできること、建てられる施設が増えて、覚えることがたくさん。身に着けることがたくさんあるんですよね。

クラクラの良さはシンプルさだと思うんですけど、TH7以下は滞留時間も短いので、へたに「選択肢」を増やして混乱させてしまってはむしろその長所を損なうことにもつながりかねません。

大事なのはTH8以降の変化だと思うんです。

わたしのまわりのリア友を見ても、クラクラをTH8や9で辞める(飽きる)プレイヤーがとっても多いです。

なのでその飽きやすいth8以降に多様性を取り入れて「飽きないようにする」のが今回のアプデの主眼かと思います。

「クランレベル」もそうですよね。これがなければただ漫然とクラン対戦を繰り返していたところを、目標を設置させて「飽き」からプレイヤーを救ったといえると思います。

戦術を多様化させ、ベテランプレイヤーを「飽き」から救う。そんなアプデだったのかなと思います。

以上、よろしくお願いします。 

 〔おまけの動画〕