こんにちは、ありがとう、さよなら。また会いましょう

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

クラクラは大大大好きなゲームだし、もはやゲームを超えた何かだとさえ思っています。

ただ同時に、たかがゲームとも思っていて、クラクラがうまいからえばるひとは苦手です。(そんな人はいませんが)

全壊には惜しみない拍手と尊敬を与える一方で、人間関係に目一杯な高校生、勉強に励む大学生、子供のために手いっぱいのお母さん、お金を稼ぐために頑張る社会人。そっちの偉大さこそ人生の本道です。

私にクラクラをおとしめる意図はまったくなく、クラン対戦やトロ上げはそんな人たちの癒しになるべきだし、リアルもゲームも大事だよ、が正しい姿だと思っているのです。

そうは言ってもクラクラは本当に負荷の高いゲームです。



クラクラに決まり切った必勝法はないし、編成や戦術にはたっぷり時間を使わないとだし、対戦の不参加やみっともない戦いは周りの迷惑になるし。

座していれば衰退する、下エスカレーターをのぼるがごときクラン運営もかなり大変。

その大変さこそが、TH10や9の醍醐味だと思ってはいますが、「リアルもゲームも」という理想がなかなかうまくいかずクランを離れて行く人を何人も見てきました。

シュリンクしていくクランもかぞえきれないほどです。

恋愛にたとえれば、「好きになる」「付き合う」のハードルも相当高いですが、「ずっとずっとテンション高く好きで居続ける」ことのほうが難しい、ってなもんです。

たかがゲーム、と一口で言ってしまうにはあまりに楽しく、難しく、時間を消費するクラクラ。

クラクラの楽しさ、面白さ、醍醐味がすなわち負荷となり、社会人を苦しめ、離れがたい人を離していくのはつらいもんです。

だからこそ私は人集めのために、そして離れていった人とつながり続けるためにブログを書き続けるのかな。

リアル都合でクランから離れていったみなさま。いつまでも元気で。私はダラダラここでやっているので、いつでもどうぞ。

ピースの欠けたパズルは気持ちが悪いよ。

また会いましょう。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta