クランリーダーとは?―悩みだらけのクラン運営、なにかのヒントになればいいな

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

日本のクラクラ業界でリーダー会議があったようで、自分なりのリーダー論をぶってみる。

images (1)

私はこんなアレですけど、リアルでもリーダーでして、十数人のアレを束ねるクソ管理職です。

俺をそんなポジションにするあたりどんだけ人材がいないんだうちの会社。

部下に対して心掛けていることは下記2点。

————————————–

1「モチベーションの維持」

私の仕事は、部下たちに、気持ちよく会社に来てもらって気持ちよくおうちに帰ってもらうことです。そのために、話して笑わせ褒めちぎる。会議は元気になるためにある。部下にはつっこんでもらってなんぼです。みたいな。

2「適材適所」

人間、向き不向きは厳然としてあるので、部下には向いている仕事をやらせる。不向きなことは遠ざける。そうすると人より高い成果を出すので、自信になる。自信がつけばあとは勝手に育ちます。

————————————–

じゃあこれがクラクラに適用できるかっていうと難しいですね…。

1)「モチベーションが高い」からって言って、対戦に勝てるとは限らない。

(もちろんプラスには働くと思いますが。軽視してるように思われたら心外ですが)

2)「適材適所」っていったって、リアルだと「事務ができる」「交渉がうまい」「デザインセンスがある」など、得意なことは人それぞれで「振り分けがい」もあるんですが、クラクラの場合、評価基準が「星を取れるかどうか」だけに絞られてしまうので、適材適所もクソもないんですよね。

せいぜい、「星が取れてコーチングがうまい人」とか「星が取れてチャットが面白い人」とか「星が取れてキックをやってくれる人」といった程度の個性差にならざるをえないのです。星が取れる前提じゃねーか。

リアルとクラクラの管理業務は似てるようで違うなあというのが正直なところです。

ただ、私がリアルでリーダーになったばかりで悩んでいたとき、別部門のリーダーに言われてラクになった言葉がありそれは下記3つ。

—————————–

1)「好きなようにやればいいんだよ」


2)「担当業務は部下におろしたほうがいいよ」


3)「俺もつらかったよ」

—————————–

1)「好きなようにやればいいんだよ」

以前、つっても今年の話なんですがクラン運営で「自分のやりたいこと」と違う方向に事態が進んだことがあって。

それは結果的に、案の定、失敗(敗北)したんですが、そのときの後悔は半端なかったです。

まあ負けてもいいんですが、他人の意見に流されたうえでのエラーはダメージが大きすぎます。決断をしなかった(流された)自分の弱さがすべて悪いんですが。

それにリーダーは「俺の好きにやってやるぜ」って思うことで腹がくくれるんですよね。

2)「担当業務は部下におろしたほうがいいよ」

リーダーが業務をかかえこむことで方針決定や判断が遅れ、結果的にグループ(クラン)全体の動きが鈍くなるんすよ。

よしんば部下に任せたことで、その業務のパフォーマンスが落ちたとしても、それは仕方ないと割り切るべき。

司令塔は身軽になっておくべきです。

3)「俺もつらかったよ」

リーダーは孤独ですが、孤独なリーダーはたくさんいるので、結果的にべつにさみしくなんかないやい。辛いのは俺だけじゃないって思うと気分がすっとラクになりました。

——————————–

すみません。あんまクラクラ関係ないし面白いところもなかったね。

またあとでなんか書きます。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta