TH9は面白い。だけれどTH9クランのマッチングはつまらねぇな問題

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

うちのTH9クランが本格的に始動し、連勝を重ねています。重ねてるったってまだ2回だけど。

今日も今日とて、ぽちっと開戦したところ、敵の屋根が赤い。
こちらがオールTH9なのに対し敵は20番までTH10です。
なんですか。なんなんですかこれは。

まぁね。ゆうても敵は早上げです。配置もヌルい。勝つでしょう。うちが。

image

クソ配置、クソヒーロー、クソ壁の三重苦。これで攻撃スキルが高いはずがない。
負けてたまるかこんなんに。 
 

それはまあいい。

でもさ、こちとら、TH9のカンスト相手に勝ちきる力をつけるためにTH9クランを立ち上げたんだからさ。

ただ単にマッチング係数が合えばいいって雑なマッチングされてもまいっちんぐなのであります。
 
「マッチング調整」のひとつやふたつもしたくもなるってもんであります。

「マッチング調整」と「チート」と「キック」はクラクラ3大デリケートな話題です。

この3つを駆使すれば、どんな平和なブログも、元西武ライオンズの大沼登板時のスコアボードもかくやの大荒れ模様に早変わり。四球、四球、四球、死球みたいな。投げられたメガホンでグラウンドが散らかるのも風物詩といったところ。

荒れるのが嫌なら大沼を出すな、マッチング調整の話題は出すなって東尾監督も言っていた。

でもその「マッチング調整」ってなんでそんなに人気がないんだろうね。

たぶん、怒る人には「敵がなんであれ正々堂々立ち向かうべき」「出されたご飯は残さず食べるべき」「調整は逃げ」といった考えがあるものと推察されます。
 
なんなんでしょう。マッチング調整に親でも殺されたんでしょうか。

まあそんなマッチョな意見はともかくとして、問題は戦っているメンバーの満足度なんですよ。

自分と同じTHの相手と、燃えるような熱い勝いをしたいと思って参戦しているのに、マッチングされたのは紫壁に囲まれたインフェルノタワー(LV.1)。若干、つまんなくないですか。

そんなのと戦わざるを得ないのはリーダーとして申し訳ない。

や、勝つだけなら今回みたいな早上げTH10相手の方が、火壁カンストTH9相手よりよっぽど楽です。ラクなんですよ。
でもさあ。なんかさあ。違うんだよねぇ。勝てばいいってもんじゃないんだよねぇ。

TH8クランやTH10クランの場合は同じTHで固めたら、いい感じの相手が出現するのに、TH9クランはいつもどうしてこうなんだろうか。
 
赤い屋根が立ち並ぶ、つまんなそうな相手しか出ないのだろうか。

かたや同日開催のTH10クランのマッチング相手はあれですよ?ベトナム最強クラスの有名クランだそうで、こっちの村がいくつ全壊しちゃうか期待で胸がドキドキですよ。
こういうのは、いいんです。

問題はU-TH9よ。

ハイクオリティな強敵としびれるような戦いをしたいという対戦ジャンキーのクラメンに、リーダーの私はなにをしてあげられるのだろうか。なにができるのだろうか。

U-TH9にTH8メンバーをうまく誘導するしかけを作らなければならない。それもTH8の人も楽しめる形で。

そんなことを考えています。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta