「華のある」クラクラプレイヤーとは

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

群馬帝国遠征軍には優秀なプレイヤーはたくさんおりますけれども、華がある、とまでいえる人はそう多くはありません。

「華」ってなにかなと考えるに、「意外性」にほかならぬ。

野球選手でいえば新庄がわかりやすいかな。いまだったら清宮くんか。

プレーが想定の範囲に収まらない、「何かやってくれるんじゃないかな感」。

そういう期待感と、それに答える実力のある人が「華がある」っていえると思うんですよ。


うちで華のある人っつうと、Yakkoさん、うなぎさん、ちなみさん、シリウスさんが代表格。昔いた鳴鳴咽咽さんとかもそうか。

いずれもうまい。だけじゃない。

見るたびにちょっとずつ編成を変えてくる。好奇心と探究心の固まりで、同じ場所にとどまらない。

常に最適解とその先を探し求めてやまない。だから目が離せない。

彼らがバッターボックスに入るたび、観客もおしゃべりをやめて注視する。

つまり、華がある。

ドズルさんをして天才といわしめたドラヒーラーハイブリッドとか狂気の域ですよ。狂気。

そのへんの探究心、私にはまったく、かけらもない要素なんで。犬が猫を見るような目で彼らを見ております。どんな目だよ。

ただなー。華のある人って、環境の変化に弱いんだよな。

あ、環境の変化ってアプデとかじゃないですよ。リアルの方よ。

アプデはむしろ、彼らの大好物です。アプデ後の検証を食って生きている人たち、といったら過言ですが嘘ではない。

端的に言うと、編成や戦術に時間をかけまくるから、仕事やプライベートが忙しくなると身動きがとれなくなるんすよ。華のある人は。

好奇心に体がついていかなくなる。多忙がやりたいことをゆるさなくなる。悲しいね。

願わくば華のあるプレイヤーがいつまでもクラクラに集中できますように。

さらにあわよくば群馬帝国遠征軍にさらに集まりますように。。。(揉み手すり手)

わたくし、尊敬しまくり&持ち上げまくりマス!

そう願いつつ筆をおきます。あざしたー。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta