• このエントリーをはてなブックマークに追加

サブ垢という名の「分身の術」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です、pontaです。

昨晩のロジドネVS反ロジドネのマッチング失敗を受け、トミーさんから「次はpontaさんのサブ垢を使って、両軍をポチってくださいよ」との提案を受けました。

え。

いや、ちょっと待ってくださいよ。

いくら私が人並みはずれた厚い面の皮を持っているとはいえ「反ロジドネ連合」とかいうクランを作っておいて、その相手先に乗り込むのはなかなか、勇気がいります。

例えるなら、巨人の帽子をかぶって甲子園ライトスタンド中心部に陣取り「アイドンライク ノウミサン!」と叫ぶようなものです。

いかんでしょ。。。

しかしこれ以上のマッチング失敗は許されません。

かくして、クラクラ界のトムとジェリー(仲良く喧嘩しな、程度の意味)二人によるざっくりした打ち合わせを経て、私のサブ垢がロジドネさんに乗り込むことと相成りました。ひゃーこえー。

それはさておき、サブ垢というのは便利なものです。自分という存在を複数に、増やすことができるのですから。




私は本垢「ponta」(TH10序盤)の他にサブ垢を二つ持っています。


サブ垢「gray wolf」(TH9序盤)





サブ垢2「クラクラ攻略する人される人」(TH7序盤)



いずれもTH序盤で微妙にクソいんですが、これらのおかげにより、複数案件の対応が可能になっています。


1)本垢で外部イベント対応しつつ


2)サブ垢でクラン本部を管理しつつ


3)サブサブ垢でバリバリの敵地に乗り込んでいたたまれない


上記3件、本垢ひとつだとなかなか、やりずらいかと存じます。

当たり前の話ですが私は忍者ではないので、リアルでは分身の術は使えませんけれども、クラクラのサブ垢はそれを可能にしてくれるのです。


便利だなあ。


がんばれ俺のサブサブ垢。きみが一番大変だ。


あ、なんかまるで取ってつけたように聞こえたら申し訳なく、また明日、敵地に乗り込むからいうわけではないんですが、今回のイベントはロジドネさんとトミーさんの名前の大きさに頼っています


悔しいけど、そうなんだ。


「トップクランから対抗メンバーが集まる」


「どっちが勝つか負けるかで盛り上がる」


そんなクラン、なかなかないですよね。

本当にそう思っています。

花も実もある、ロジドネという名前あってこその企画だと思っています。

もちろんこれは、明日、敵地に乗り込むのが怖いからフォローのつもりで書いてるとかそんなつもりは全くありません。

そこは重ね重ね申し上げたいところであります。

つまりなにが言いたいかと言うと、サブ垢がとっても便利ということと、私はヘタレでも小物でもない。この2点であります。

以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ハリー より:

    pontaさん、こんにちは~
    ボクはヘタレですが、いっちょまえにサブアカを持っています。
    クラン戦の調整用に使ったり、サブアカをホームクランに置いて本アカで旅に出たりしています。
    旅先での出来事や出会いについては、ブログに書いたりもしています。
    次は、海外のクランを訪問してみたいと思っています。

  2. マイネオ より:

    久しぶり攻略する人される人見に来たら
    何やらかわいいイラストがw
    一体何があったんだ・・・(^o^;)

  3. ponta より:

    ハリーさん
    サブ垢だけ旅に出るってやってみたい。受け入れてくれるとこあるかな
    マイネオさん
    いろいろあったんやで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。