ヒーラー姉さんが斬る!第38回 ボツ投稿ご紹介

2016年5月28日


村人01

「こんにちは、村人です。」



ヒーラー01

「ヒーラーでぇす」



村人04

「さて、今日も始まりました。ヒーラー姉さんが斬る!クラクラ人生相談のコーナーですけれども」


ヒーラー03

「はいはい」


村人13
「昨日、ツイッターで質問を募集したところ、たくさんの質問をいただきまして。本当にありがとうございます」

ヒーラー15
「お、ありがたいねえ」

村人18
「ただ、回答の難しい質問もたくさんいただきましてですね」

ヒーラー04
「ほうほう。いつものボツる系ね」

村人09
「今日はいつもと趣向を変えて、そのボツ系質問を列挙しますので『なぜ、その掲載が難しいのか』を読者のかたにも考えていただければと思います」

ヒーラー12
「なるほどね。たまにはいいんじゃないの。そんなんも」

——————————————————————————————————

■ボツパターン1

Aさん

「ヒーラー姉さんに質問です。
ぼくは以前から群馬帝国遠征軍に入りたいと思っているのですが、自信がありません。
群馬帝国遠征軍はどうやったら入れますか?それでどれくらいしたら本部に入れますか?教えてください!」

ヒーラー08
「群馬帝国遠征軍って…何?」

村人04
「とまあこのコーナーはそういう”てい”ですので、みなさん、よろしくお願いしますね」

——————————————————————————————————

■ボツパターン2

Bさん

「ヒーラー姐さんに質問です


はじめまして。名前は匿名希望とさせて下さい( ΦωΦ)私はブログをやっているのですが、PontaさんにRTされたくて仕方ありません。


何か彼に好かれるコツみたいなものはありませんでしょうか?( ΦωΦ)


どうしても「このブログは伸びる、続けば」祝儀が欲しいのです。


どうかアドバイスをお願いします( ΦωΦ)そして皆様、駆け出しリーダーブログを宜しくお願いします」

Cさん

「ヒーラー姉さんに質問です。


初めまして。名前は匿名とさせてください(Ф) (Ф) 私はブログをやっているのですがポンタさんにRTしてもらいたくてたまりません。


何か彼に好かれるコツみたいなものありませんですか?


どうしても「このブログは伸びる、続けば」の言葉が欲しいのです。


どうしてもアドバイスが欲しいのです。そして皆さん、僕は泣きながらクラクラをするを宜しくお願いします。」

ヒーラー11

「質問したいんだか自分のブログの宣伝したいんだかハッキリしてほしいんだけど」

村人09
「私、きらいじゃないですよ。この私欲にまみれて、がっついてる感」

——————————————————————————————————

■ボツパターン3

Dさん

「ヒーラー姉さんへの質問です。最近pontaさんのブログで整形したヒーラー姉さんですが、可愛くなりすぎてヒーラー愛が増してきました。特に人を見下すような目線には「踏んで!」って言いたくなり、おにんにんがそそり立ちます。って言うか踏んでください!お願いします!質問は特にないのでクイヒーを対策する上で気をつけてることを教えてください」

Eさん

「ヒーラー!ヒーラー!ヒーラー!ヒーラーぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!! あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ヒーラーヒーラーぅううぁわぁああああ!!!あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん 

んはぁっ!ヒーラーたんの桃色ブロンドの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!! (以下略)」

きもいほう
「…」

村人06
 「ああっ。あまりのキモさにヒーラーさんの素が出た!出てしまった!

——————————————————————————————————

村人04
「というわけで。投稿していただくのはとってもありがたいのですが、上記の人たちのアレ傾向を踏まえたうえで、そこそこ答えやすい質問にしていただけると、助かります」

きもいほう
「あれ?顔が戻らない。あるぇー?」

村人13

「大丈夫。ヒーラーさんの顔がそのままでも、私、それはそれで愛せますよ?」

きもいほう
「次回までには戻ーす…!」