この冬に向けて「クランとしての強さ」を仕上げていこうと思っております

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです

えげつない群馬が帰ってきました。

image
 

なんだこの戦う前から負けちゃってるクラン名は。

いやこれまでも負けてないっちゃ負けてなかったんですが。同じくらいの点差で勝ってはいたんですが。

ただここ2,3カ月、私の中にどこか「目先の勝利」よりも「クラメン個人の成長や満足度の向上」に比重を置いていた面がありまして。

それはそれでよかったんですけどね。そしてその目的はある程度達成できたかと思います。
層が薄くなっていた「TH9カンストをしとめられる人材」も増えてきました。

そして次は、その中から全壊確度の高い人材をよりぬいて、戦略感をすり合わせる段階かなと。

これまでやってるようでやってなかった「一軍クラン」と「育成クラン」の運用も開始しました。
実績による入れ替え制。入団テストの次にもう一度、昇格テストがあるようなイメージ。

本部で戦うには、周囲に実力を見せつけ続けなくてはならなくなりました。

そして、上記と矛盾するようですが、ながらく支部をぷらぷらしていた私の本垢の「ponta」も本部に帰ってまいりました。
やはり本部は、へたっぴでも私の本垢がいて、精鋭中の精鋭を揃えて、負けないようにムキになって一丸と戦う。これですよこれ。これでなくてはいけません。

7月~8月はなだらかに肥太り、9月から10月で仕上げに入る。そういった感じで名古屋戦を迎えたいと思います。
そしてそのあとは、TH9後半エースたちがTH10に突入していく予定。ああ…また希少な人材を探す旅に出なくてはならないのか…。

クラン運営ってどうしてこう…いい状態を永遠にキープできないのでしょうねぇ。
いろんな意味での挑戦、お待ちしております。

以上、よろしくお願いします。