もうひとつのTGS。幻の5対5対戦。韓国 VS Ponta!!絶対に滑れないセリフがそこにはあった件

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。TGSの件。

一般開催日の前日。ビジネスデー。深夜まで及ぶリハーサル。

私もどんな資格があってそこにいていいのかわからないまま、ブースに座り込んでぼーっとリハの様子を見ていました。

23時にもなると、それまで大勢いたスタッフが一人減り、二人減り。ハルパパさんらYouTuberもいなくなり、なんだかちょっと寂しい感じ。

そして韓国チームのリハーサル戦を控え、仮想・日本チームを担当できるクラクラプレイヤーがいなくなった模様

image

スタッフがきょろきょろしながら人探し。

ス「だれかー。だれかクラクラできる人はいませんかねー」

ほら、よくドラマとかで、飛行機にて急病人が出た時、お医者さんを探すフライトアテンダントがいるじゃないですか。

あれ。あれみたいに、クラクラができる人を探しまわるスタッフさんがそこにいました。どんな状況だよ。

ここでやらなきゃ男がすたるというか、まあ普通に「あなた、クラクラできます?」と聞かれました。

私は胸をはってこう答えました「あ、はい」と。

スタッフの方は表情を明るくして周囲に伝えました。

ス「はーい。この、スーツのYouTuberさんがリハーサルにつきあってくれるそうでーす」

何か…。何かが違う!


何かの違和感が俺のアイデンティティを脅かす!

ス「スーツのYouTuberさん、端末の使い方、知ってますか?」

ポ「えーっと…」

ス「エメラルドボタンを押して、ユニットを作れますから。では、YouTuberさん、どうぞよろしくお願いします」

もうすべてが間違っている!!

しかし男Ponta、やるとなったら勝ちにこだわる!!

なんといっても俺には心強い仲間が…仲間が…いない!?

5対5の壇上にはおれ一人しか、いない!

私は心細い表情でスタッフさんに恐る恐る聞きました。

ポ「えーっと、今回のリハ、私のほかの人は…?」

ス「あ。あなたが5台をすべて操作いただけますか?できますよね?」

ポ「は、はあ。でも3人同時アタックとか、ありますよね?それも一人ですか?」

ス「はい、それはなんとかがんばっていただいて

できるかーーーー!!!

しかしそんな私に救いの神が。

ロジドネのテディさん、公式さんが参戦!

よし頼もしい!これ以上ない味方です。

そして、私もさっきまでそこにいた、朝比奈みくるさんとばっぴぃさんを探す!いない!帰ったらしい!!

結局、Appbankのクラクラ素人の方ふたりが参加いただきました!お、おう。

その後、壇上に上がる直前、スタッフさんが私に声をかけてきました。

ス「あの、YouTuberさん、お名前を教えていただけますか?」

ポ「あ、ブロガーのポンタです。ブロガーです」

ス「はい!ありがとうございます。えーっと。YouTuberさんの、お名前は、ポンタ、と…」

わざとか!!わざとやってるだろお前!!!!

そんな、意気消沈気味の私を救ったのはあの男。みんな大好きドズルさんです。

image

私の攻撃時、ドズルさんは長めの紹介を入れてくれました。

ド「今から攻撃するPontaさんは日本を代表する有名ブロガーで、先日、1000万アクセスを達成しました。強豪クランのリーダーでもあり、私のクランとも交流があり、何度か合同イベントもやってもらっています。クラクラを題材にこんなに面白いことを書ける人はほかにいませんよ!!」

そのとき、会場から歓声と拍手がわきました。やっとここで「あ、そういう人なのね」とイベントスタッフ間で共有された感じです。

そうか、僕はここにいていいんだ。おめでとう、おめでとう、おめっとさん。私の心象風景はまるでエヴァ最終回であります。

ドズルさんは続けます、

ド「Pontaさんは、やるときはやってくれる男です。非常に難易度の高いTH10全壊。ですが、彼ならやってくれるでしょう!期待大です!やってくれるはず!!」

そのとき私は見ました。放送席を。人ってあんな悪い笑顔ができるんですね。

その後、私はTH10を2回攻め、星2を2回でした。サーセン。

そしてチーム戦は普通に負けました。負けましたー。

リハーサルとはいえ悔しいものです。

戦後、アナウンサーからのインタビュー。「相手チームはどんなでした?」とのこと。

私はとっておきの韓国語を、ここにもってきました。

ポ「いやー。あのおそろいのTシャツの団結力に負けましたね。でもサラハンニダ(愛してるよ)!!!」

私はどや顔で韓国チームを見ました。どうですかみなさん。

セリフの中身は微妙ですが、韓国のチームに対し韓国語を使うというね。

心配りといい、タイミングといい、バッチリだ!!

どやーーーーーー!!!!

しかしおーっと!!韓国チームは雑談に夢中で、私の渾身の韓国語、聞いていないーーー!!!

image

当然ながら日本人スタッフもポカーンとしているー!!!そりゃそうだーー!

アナウンサーさんも苦笑いだーーーーー!!!

すべったー!

不詳ponta、星を取りこぼすのは許せても、コメントを取りこぼすのは許せない男です

屈辱のきわみです。

そして私はここで得た知見をもとに、すぐさま、クラメンにLINEで注意点を送りました。

コメントで滑らない秘訣を。

image

 

しかし今となれば、俺がこのときクラメンに言うべきことは、「呪文を忘れるな」と「作った部隊は消せる」だった模様。

 

なおこのリハーサルのあと、ドズルさんが「いいブログネタができましたねー」とか言ってたので書きました。どっすか!!へっ!!

以上、よろしくお願いします。