• このエントリーをはてなブックマークに追加

実況者もすなるアガリオというものを、ブロガーもやってみる。俺の名前は無論、ドズルだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です、pontaです。

実況者もすなるアガリオというものを、ブロガーもやってみる。

アガリオはドズルさんが実況動画にて紹介したことでクラクラ界に広まったブラウザゲームであります。

説明は下記。引用。

マルチプレイ細胞捕食ゲーム Agar.io

他プレイヤーの細胞を捕食して自分自身を大きく成長させる、シンプルなオンラインマルチプレイアクションゲーム。

マウスで自細胞を操り、ステージ内に散らばるドットを食べたり、自分よりも小さな他プレイヤーの細胞を吸収すると大きくなります。(フラッシュ・無料ゲーム

うむ。要するに、「弱きをくじき、強きから逃げるマルチプレイ型パックマン」ということか。

俺の気質にぴったり。やったろうじゃん!

俺の名前は無論、ドズルだ。

活躍したときは俺の手柄。負けた時はそりゃもうねぇ。うん。ビバ騙り。

というわけで、おっすオラドズル!よろしくな!

オラ、すっげーワクワクすんぞー。

うし、いっちょやってみっか!

最初のうちは当方小さいながら、小回りがきき、どんどんドットを食える。

いっぽう、肥大化した敵プレイヤーは、こちらと接触すればただちに吸収してくる危険な存在ながら、鈍重な動きで俺には、おいつけない。強さとスピードのトレードオフ。へへーんだ。大きい=強いではない。

このへん、うまくできてるね。

とはいえ、大きな敵にぶつかったら瞬時に負ける状態は気に食わない。

なろうなろうあすなろう。大きなドットにあすなろう。

大クランへの対抗心だけでやっていた「群馬帝国遠征軍」の最初期を思い出すネ。

そして見つける、敵なきスペース。ドット食べ放題。


agario4

まるでオタサーの姫状態で、女慣れしていないオタクをちぎっては投げちぎっては投げの様相で、ドットというドットを食いつくす。ドズルが食いつくす。

 フハハハ圧倒的ではないかわがドズル。

わしを殺せるものがあるか!わしを殺せるものがあるか!

アガリオの中心で魏延を叫ぶ。


wasiwo

そして、調子こいている俺んとこにやってくる世界の警察。これはもう明らかにあの大統領。

「ここにいるぞ」ですか?馬岱きどりですか?

ちょっとー男子ー大物すぎんよー。

agario2

このオバマ、ほどよく大きく、ほどよく早い。

おいちょっ待てよ。(キムタク風に)

執拗に追ってくる超大国。こんなドズルが何をした。

逃げ切る。ふう。

バーカバーカ。オバマのバーカ。

お前の任期、レイムダックー!(笑い飛ばせる悪口の一歩先

その後オバマは、クソのような数のオバマを引き連れてドズルを追いかける。


agario5

なんなんだよこの絵はよ。

ああああああああ。

食べられる!食べられる!僕のドズルがオバマに食われるぅぅぅん!!

あああああいやああああああ食べないんでえええええオバマ食べないでええええええ。

食べないでくださいいいいいい。

あひいいいいいいいん!!!!

パックンチョ☆

まあそんなゲームですアガリオ。みなさんもぜひ。

一回負けても、すぐにまたやりたくなるのがアガリオのいいところ。

まじめな話、何度もやりたくなるゲームの特徴って下記だと思うんですよね。

1)一回一回のプレー時間が短い

2)負けた原因がはっきりしている

3)序盤の成長度が高い

アガリオもそうですが、クラクラもこの条件を満たしており、あらためてクラクラはいいゲームだなと思った次第。

やっぱりクラクラがNo.1!!!(スーパーセル社の方角をチラ見しながら)

以上、よろしくお願いします。

<おまけ>

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Yes we can より:

    オバマw絵面がヤバイwww

  2. リク より:

    とてつもなく笑いました(//∇//)

  3. ケントマン より:

    今までの記事で一番笑いました‼︎
    今後も楽しみに読ませて頂きます( •̀∀︎•́ )✧︎

  4. 音感 より:

    オバマの写真みたいなの設定すればできるのかな?
    私はアホな顔した柴犬がノッソリ近づいてくるのがツボでした⭐️

  5. Phlogiston より:

    色が写真ごとに違うとか知りませんから!

  6. 変態仮面 より:

    アガリオ一回やりこんたけど
    でかくなりすぎて動けなくなった。
    10000いったあたりかな?
    そこまでいくと虚しさを感じてアポトーシスに駆られた。
    この感情のメカニズムどういうものなんでしょうかね。不思議です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。