群馬帝国遠征軍 最大の危機!?ほっしーさんが突如、離脱した件

2016年5月28日

お疲れ様です。pontaです。長引く風邪が治りました。

さて、先々月から、TGS、名古屋戦、明星杯、クラッシュコンと立て続いたイベントが終わり、私は個人的に少しぽかんとしています。そういう方も多いのではないでしょうか?

とくに明星杯では、群馬、クラチャン、9SP、はぐれメタルの城、艶火などなどたくさんのクランがめっちゃハードに戦いましたが、巨視的にみればTH9以下の日本クランどうし盛り上がったね楽しかったねといった結論になろうかと思います。

例えるならプロ野球で、巨人と阪神がクッソ熱い戦いを繰り広げ、もう絶対勝ってやる、ジャイアンツ倒したる、絶対負けないぞ、腕も折れよこの一球、がんばれがんばれ藤浪!ってバチバチやって。

でもシーズンが終わってみたら、程度の違いはあれど、ある種の寂しさを全チームで共有。

そんな空気感が、明星杯の参加クラン間に流れていると言ったら私の思いすごしでしょうか。

少なくとも私はそう。

イベントは楽しい。けれど楽しければ楽しいほど普通のクラン対戦が色あせてしまう。

そんなところがございます。

そんなぽかんとした私のところに、ほっしーさん、うまこさん、神の子KIDさんといったクラメン3人のクラン離脱の連絡が。なんと。

いずれもTH9の全壊プレイヤーだった人たちで、TH10でも相当うまい人たちです。

喧嘩とかではなく…。

ほっしーさんは特に明星杯以降、モチベの維持の難しさを訴えていました。

クラクラは続けていくと思うので、どっかのクランにお世話になるんでしょうか、白紙だと思います。


群馬は正直、TH10プレイヤーの定着率が非常に悪いです。

TH9,8プレイヤーはいいんですが。

TH10になると引退、離脱してしまうことが多い。

TH10カンストしたあとやることがなくなって、全壊がTH9時代に比べて非常に難しくなってたときにモチベを維持させられてあげてないなと思います。

「全壊狙いの攻撃をしたい」という人にも、やはり混合クランだと下の取りこぼしを拾ってもらったり、For the clanに動いてもらうことも多い。クランは勝つ。強い。でも個人としては楽しくないのかもしれない。

じゃあ全壊チャレンジどうぞとなっても。For the clan型の人から不満がおこる。

あなたのモチベーションや楽しさのために我々はやってるんじゃねーぞとなる。

TH10用のクランを作っても、本部クランとTH10クランが分断され、別のクランのようになっていってしまう。難しいね。

ひとえに私のクラン作りのつたなさが原因ですね。TH10の人たちに満足してもらえる環境を用意しきれてないね。現状では。

あとTH10の全壊難易度が高すぎてTH9時代に比べて楽しさ半減、といった個人的感想もあります。

ただそろそろ、うらしまさんやドフィさん、うなぎさんといったTH9カンストの生え抜き組が一斉にTH10に上がります。ここが勝負どころですね。これまでの反省をここで生かさなければならない。

前みたいに、外部からの旅人さんも多く交えてTH10専用クランを再稼働させる方向にいくしかないのかなと思っています。

とはいえ、ここのところ群馬の混成クランとしての完成度に目を向けて、本部はかなり仕上がったんです。それはいい。すげーなって感じです。

ただTH10プレイヤーや、2軍、3軍にあたるクランから目を離していた面はいなめず、それだと漫然と対戦をこなすだけになってしまう。それではモチベーションは上がらない。

クラメンっちゅーのは、実はそれぞれ独立事業主のようなもの。そしてクランは単なる互助連合体のようなものであり、その連合体の環境が満足できなければ去る。当たり前だし、それをとどめる権利は誰にもないのです。

私はプレーは下手で、チャットも「了解です」「ドンマイ」くらいしか言わないクソリーダーですが。

それでも、こんなんでも、ちょっとでもクラン(やクラクラ)から心を離すと、やっぱりしっぺ返しがくるっつーか、だめだなって思います。

クランのエンジンはリーダーの覇気というかやる気であり、めざすところを指で示していないとみな道に迷ってしまう。

たとえリーダーよりクラメンの方が能力が高くても、リーダーってのはそういうもんなんでしょうねえ。

私ももう一度、フンドシしめなおして、あらためて最強クランを目指します。

11月中をめどにTH10クランを再稼働させるのはもちろん、リクルーティングもきっちりとやっていこうかと。

そして何より、いまうちのクランにいる150人がどうしたらすみずみまで「楽しい」か。

まあなんとかやってみます。

以上、よろしくお願いします。