クラン運営で、「●●産業大学付属高校(TH9・偏差値70)」が系列大学(TH10・偏差値60)をどう発展させていくかに悩んでいる

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。
今日は、クラン運営についての悩みなどについて走り書き。

うちのクランの花形はTH9で、またTH8のレベルも高く。
それはいい感じのところまできているのです。いやほんと。
 
「快適なTH9の旅」を案内できる自信は、いまも昔も、ございます。

例えるなら●●大学付属高校(偏差値70)みたいなもんで、うちにくればいいリプ見れるよ勝てるよ楽しいよというのは胸を張って言えます。

でもこれが、系列大学のTH10となると(偏差値60)とかになってしまうわけで。
そりゃまあうまいけど、TH10クランなら、他にもマンモスだったり有名だったりするところは他にもたくさんあるよねえみたいな。

「全壊」を求めて群馬帝国高校に入って、それはまあよかった。

でもTH10になったとき、このまま群馬帝国大学に内部進学で甘んじていていいのかなーみたいなところがあるのかなと。
抜けていった一流どころのプレイヤーたちを思い出してそう考えます。

理想としては一流のTH10クランを作りつつ、混合クランとしても現状のレベルを維持向上していくことになろうかと思います。
 
口ではそういうけど、難しいね。

●●付属高校が、系列大学を発展させていく難しさみたいなのを味わっています。ええ。




あわせて、ここにきてTH11が登場して、「TH9やTH10の位置づけが微妙になった」みたいな声があがってきて。

個人的には「どのTHも等しく価値がある」って思っていて。中でも人口が多くて難易度のちょうどいいTH9には正直、愛着があります。
 
ただ「世界最高のテクを目指す」人たちにとってみればTH11が出たことは、引退や変化のきっかけになりえるようです。

それを受け止めるだけの器がクランにあるかどうかっていう。踏み絵ね。
踏むか逃げるか。

じゃあそうなってくると、自分の限られたリソースをどこに振り分けるか。
常勝に甘んじず、世界一のTH11全壊クランを目指すという気概とエネルギーをふるいおこせるか。
自分自身、TH11の全壊プレイヤーになれるかどうか。

私個人の問題とも絡んできますね。
こういったところで苦悩しているリーダーっていますかね。

これまでクラン運営で悩んだことってなかったんですけど、ちょっと今回はね。
何が一番楽しいんだろう。何が一番わくわくするんだろう。

自分はクラクラでどの風景を見たいのだろうと。 
システムが変わらない限り群馬からTH10の流出は止まらないし、逆にシステムをうまく構築できれば戻ってくる人は戻ってくるだろうと。そんな風に考えています。

以上、よろしくお願いします。