サブリーダーの大事な大事な役割とか

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

今日も時間が無いので少しだけ。

サブリーダーの大事な役割として「クランメールを送る」ってのがあると思うんですよ。


昨日の話ともつながるんですが、
クラクラのチャットはすーぐ流れちゃうんで「
誰がいつまでにどこを攻めろ」って作戦を立てても、
浸透しないことが起こり得ます。

チャットがにぎやかであればあるほど流れていく大事な作戦論。

熱い戦術論と、熱い戦略論。この二つの議論を同じチャットルームでやるってのは実は乱暴です。乱暴ですよ奥さん。


シルヴェスター・スタローン

2015-06-24



アプリ外のサービスをうまく使えばいいんですが、それを全員に強制するのも微妙だし。

だからクランメールですよ。適宜、絶妙なタイミングで流すクランメールに勝るものはなし。組織的勝利の影にはつねにメールがあるんじゃないかなって最近つくづく思います。


かといって全員サブリーダーだとそれはそれで責任感が分散されて困っちゃう。

道で転んだおじいさんがいるとして、そのちかくにいるのが自分だけだと助けにいくのに、50人いたら「誰かやるだろう」ってお見合いしちゃう、あの心理。

そもそも作戦を立てないっていう。

毎回毎回、ガチ戦略を立てて、一人の指揮官が最初から最後までインしつつ、おはようからおやすみまでクランを見守るのが理想なんですが、それぞれ生活があるんでね。

そうはいかん。

メール送れる回数も限界あるし。


なのである程度絞りこんだそこそこの数のサブリーダーが適宜メールを流していくのは、接戦時に勝っていくのに大事だなと思います。

新入りだからとかTH下位だからとかそういったのはとっぱらって、仕切れる人は大事にしたいし、まあなんだがんばろう。


以上、よろしくお願いします。



未分類

Posted by ponta