タウンホール構成が細分化される中、リーダーたちの手腕が問われている

2016年5月28日

お疲れ様です、プレビューおじさんです。もといpontaです。

ここんとこ仕事ばっかしてます。こう見えても。

とかいいつつ、今週はTH8、TH9、TH10の大規模な紅白戦を行いました。


TH9とTH10は成功。TH8クランは失敗。あらー。

とくにTH8は外部の方を招いてのチャレンジだったのではずしてしまい、期待にこたえられず申し訳なし。

TH8ばっかの35人クランでもマッチング、外れちゃうんですねえ。
それだけTH8ばっかのクランが増えてきたってことなんでしょうが。

TH8にはTH8の、TH9にはTH9の、TH10にはTH10の世界が、ある。
今度はここにTH11が加わるんですねえ。



群馬もようやくTH10クランの形が見えてきた矢先にこのTH11リリースっていうね。


すでにTH11に上げる気まんまんのクラメンも大勢いるようです。みんなカンストで資源があふれちゃうよう…な人ばっかなんで仕方ないですね。

TH10クランを運営してみて初めて知ったんですが、ひとくちにTH10っていってもいろいろいるんですね。

そもそも研究やアップデートが長い!ので「あげたて」から「
カンスト」まで幅広い。

また、混合クランで対戦したい人、TH10オンリークランで対戦やりたい人、トロにしか興味がない人、全壊力を研ぎ澄ますのに凝り固まっている人。
志向が違ってそのすべてが「正しい」。楽しんだ人が正解です。

そしてもう一度いいますが、ここに「TH11」が加わります。

TH11はTH10より全壊は難しく、そして幅の広い世界になるかもしれず。気の遠くなるような話ですね。

ponta的にはぼんやりと(そして支部のあるようなクランのリーダーはみな)、「最終的にはTH11で対戦をする」と考えているはずです。

単純にいって「TH11」「TH10」「TH9」「TH8」と、階層が4つできるわけでね。
その志向にも上記のようなバラツキが出ることを考えるとトゥーワイド。

これまで「TH9に注力したらTH8とTH10がお留守で~」みたいなバランス崩れのないよう自分なりに腐心してきたんですがその努力がもうひとつ必要になる感があります。

誤解を恐れずにいえば「老人にも中年にも若者にも幼児にも、資本主義者にも共産主義者にも、信仰厚い人にも無神論者にも満足してもらえる国家を目指す!」みたいな難しさ。

もちろん、「無神論者で資本主義の、とくに若者と中年に注力した国づくり」みたいなコンセプトクランも正しい。

ただ自分の向いている方向としては対戦特化の混合クランであり、そしてなじみ親しんだ友と別れるのは割り切れないタイプなんで。
全員に満足してもらえるようなイベントなりクランの形なりを模索していく必要があるのかなと考えたり。

もっというと、自分がすべてを見てないといけないとまわらないシステムはよろしくないので、たとえば私がブログだけ書いてればすむような形を模索する必要があるのかもしれませぬ。

まあどうなるかわからないですが。

TH11がリリースされることで階層(クラスタ)が細分化され、その全てをカバーしようとする人はさらなる工夫が必要であり、特化する人はそれをきっちり打ち出していく必要があるのかもしれないなといったところです。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta