【勝者の流儀】ふわふわ文体、マッチョな仕事!全壊狙いのガリガリガーリー!:おとぴの「 流儀」

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

今日は群馬の数少ない女子プレイヤー、おとぴちゃんの「勝者の流儀」。

おもしろいです。ふわふわ文体、マッチョな仕事。ギャップ萌え。ではどうぞ。

—————-

文系理系対戦で、星6取ってほっとしている、おとぴです。

自分程度に勝者の流儀はおこがましいです。マイノリティ(女子枠)枠かもしれません。

まあ、ラッキーと受け止めます。

ちなみに、群馬のU8、U9、本部でやってる女子はみんなうまいです。

あと、あっさりしてる人が多いです。性格が。

彼女たちは、対戦メインで、クラチャでリアの事やらごちゃごちゃ言わない感じです。好ましいです。

さてわたしの場合、配置によって、アルティメット空か、ゴレバルキホグかを選びます。

通常対戦は、自分の番手あたりは対空が弱い配置が多いので、アルティメット空を選ぶことが多いです。

紅白戦などの場合は、きついアルティメット対策しているのでゴレバルキホグなどを選びます。

がふがふな配置の時はネクロも検討します。

攻め自体は、空は神の子さんレクチャー、ホグはドフィさん動画、バルキーはクラチャンさん系動画から学んだもので、独自性はあまりないです。

気をつけていることも平凡です。

あえていうなら、ラババルを選んで、うまくいきすぎた時、逆に時間切れを起こすので(ラバが弾けなくて)必ず、ウィズと風船を2体づつほど、終盤に残すようにしていることくらいです。

対戦のある日は、直前までにマルチでアルティメット空とゴレバルキホグを合わせて5回以上攻めます

紅白戦のように本気度が高いときはもっとやります。

指と目を慣れさせておかないとうまくやれません。

だから、マルチで練習する時間が取れなかった時や、起きてすぐなどは失敗することが多いです。

頭の中でのシミュレーション自体は予約時間範囲の1時間以内だけです。

陸パートの入れ方、後半の風船やホグの入れ方を何回も繰り返して確認します。

が、ぎっちりとは詰めません。

いつもなにか、予想外のことが起こるので詰めても仕方ないからです。その代わりの指と目の練習です

本部では、TH9の下位です。群馬のTH8の人はうまいのでそれの穴うめにまわることはほとんどありません。

だから、上位の人が動きやすいように早めにTH9の真ん中より下を星3にしておくのが私の仕事です。

だから、未だに開幕組でもあります。

2戦目は、もう一つ星3を下位から取るか、上位の星2を取るか。

状況によって決めます。

ヒーローがLV20になれば、そろそろ黒いXBに1戦目から行ってみようと思っています。

はい、そうです。あまりチャレンジはしません。

マルチでは、黒いXBを攻めて練習はしています。全壊率は7割くらいです。

以上、よろしくお願いします。おとぴでした。

未分類

Posted by ponta