突撃!隣の良クラン(5)「Logic donators」Tommyさんにインタビュー!

2016年5月28日


164721c6

「お疲れ様です、pontaです」

 


image

「トミーです」


164721c6

「いやー突然のお電話、びっくりしました」


image

「なんでやめちゃうんすかぁー」


164721c6

「いやいや、まあまあ」


image

「pontaさん辞めたら、2ちゃんで悪口言われるの俺だけになっちゃうじゃないすかー!」


164721c6

「(笑)まあ今日は、そんなクラクラ界で敵の多いもの同士のインタビューってことでね。いろいろ話を伺わせてください」


image

「引退を止めに来たのにインタビューされるってマジですか…(笑)」


164721c6

「以前、トミーさんにインタビューを申し込んだとき『顔出ししたらインタビュー受けてもいいですよ』って言われたんで。あ、こりゃもう受ける気ねぇなってあきらめてたんですよ。それが運よくこういう機会がもらえて嬉しいです」


image

「そーですよ!今日だってpontaさんが引退とかって言わなければ絶対誘わなかったですもん。嫌いだから


164721c6

「笑」




image

「pontaさん、顔出ししないんですか?」


164721c6

「顔出しか。どっちでもいいんですほんと。出してもいいし出さなくてもいいし…。例えるならバージンを守って40歳になっちゃった女の人みたいなもんで、もう捨てどきがわからないっていうか…」


image

「TGSで顔出すべきでしたね!ラクになるのになー」


164721c6

「いやー…まあ華がないからいいですよ私なんて」


image

「またまたー!」

+ワイン3本


image

「なんでやめちゃうんすかー!」


164721c6

「え、いやまあねえ。察してもらえればと!」


image

「わかってんだよ!どうもならねえってさ!お子さんが生まれるんでしょ?でもどういう気持ちなのよ今!」


164721c6

「そんなもん、すべてブログに書いてきましたよ」


image

「なにかっこいいこと言ってんすかー!いいなそれ!『ブログに書いてきた』って!」


164721c6

「はは」


image

「ブログだけでも書けないの?pontaさん書くの早いじゃん。もったいないよ」


164721c6

「どうでしょうねえ。適当にぼちぼちやると思いますけど」


image

「俺、あんたのこと、pontaさんのこと大嫌いなんだよ。もし引退とか言わなければぜってー電話とかしなかったもん!一生!」


164721c6

「気が合いますね!僕もです。仲良くなれそうだなこりゃ」


image

「大嫌いだけど、あんた天才なんだよ。もったいねえよ!大嫌いで大好きなんだよ!わかる?」


164721c6

「わかりますよ。私も、クソトミーさんの才能とか技術は、しぶしぶ認めざるを得ないと思っています!」


image

「トミーとponta、このラインはバチバチやってても尊敬しあってんですよ」


164721c6

「まあ…そうですね。尊敬はしています。本当に。演出の才能とか本当にすごいです。他人のこと興味なさそうなのに、出来た作品は、見る人に対して気配りされているのが才能だなといつも思っていて。飽きっぽい私が飽きずに見れる時点で素晴らしい」


image

「まあ仕事柄、『人は飽きやすい』って知ってますからね」


164721c6

「クラクラ界にトミーさんがいなければ今より平和で平らで、でもよっぽどつまらなくなってたと思いますよ」


image

「なにそれ(笑)」


164721c6

「いやー(笑)」


image

「ほんとこの人、俺にしかわからないラインでイヤミ言ってくるんだよな!ブログとかで。トミーだって言ってないのに俺のこと書いてんの。全部見抜かれてる感じがしたもん」


164721c6

「いやー。俺からしたらトミーさんのやってることの意図がハッキリ見えるときがあって。それなのに誰も気づいてないんじゃないの?って。そこはもう、いじるしかないなって。『おーいこの人、こういうこと考えてますよー』って」


image

「あーこの人、わかっちゃってんなーって。で反撃しようとブログをあさるのよ。でもさ、ハッキリ俺のことだって書いてないでしょ?そういうとこがほんとずるいんだよなー!それで文句言っても『え?トミーさんのことじゃないですよ?』ってpontaさんに言われたらそれまで。逃げ道を完全に用意してるでしょ?」


164721c6

「まあね。トミーさんにだけわかればいいかなって」


image

「でもヒデちゃんのときはスキを見せたじゃん(※説明がめんどいので略。Twitterでのけんか)。いろいろ当人確認して『これだー!』って突撃したんですよ」


164721c6

「あーあのときは無防備でしたね。完全に。そっからくるかと…油断してました」


image

「なんかやり返してくるかなと思ったんだけど!」


164721c6

「まあね…なんかちょっと面倒くさくなってしまって」


image

「俺らはバチバチやるから面白いんですよ!」


164721c6

「まあそうですね」


image

「きおちゃん?ドズルさん?いいよ。攻撃しても。俺が彼らに。

でもさ、俺がドズルさんに絡んだとするじゃん。オラ!っつって。そしたらドズルさん『あ、そうですね!気をつけます!』で終わりなんだよ。そしたら俺、『あ、はいー』で終わるじゃない。

何それ。つまんねーよ!ふつーにいい人じゃん。あの人たち。絡んで何が面白いの。やっぱさ、pontaさんの毒の効いた返しがないとクラクラ界もりあがらないですよ?」


164721c6

「笑」


image

「pontaさんいなくなったら2ちゃんで叩かれるの俺だけになっちゃうじゃん!いや叩かれるのいいよ?気にしないほうだし。でも他に叩かれてる人がいるのといないのとでなんかちがうじゃん!割りにあわないっていうかさ!」


164721c6

「まあね。でも3ヶ月もしたらみんな俺のこと忘れちゃうんで。叩かれるってことはみんながトミーさんのことを気にしてるってことなんで。今はもう晴れ晴れとした気持ちで遠くから活躍を見守ってますよ」


image

「俺、これ言うと頭おかしいって言われるんだけど、『叩く人は俺のこと気になってる』くらいに思ってるから。仲良くできる気がする。好きの反対は無関心だから。俺そういう人と話して結構仲良くなっちゃうんですよね」


164721c6

「まあそうですね。どうでもいい人は、叩かないかもしれませんね」


image

「だから辞めないでよ」


164721c6

「笑」


image

「俺、1月に表参道でイベントやるんだけど出ない?ワークショップとかお願いしたいんだけど」


164721c6

「面白そうですね。ただ妻の予定日が近いんで。ちょっとなんとも言えないですね。ご迷惑をおかけしそうで…。」


image

「顔出しのいい機会だと思うけど」


164721c6

「いやー。引退直後でまだ私に価値が残っているうちに利用していただければと思うんですが。盛りあがれクラクラ界的な。ほんと10歳若ければトミーさんやドズルさんと戦ったりイベントしたりするだけの時間があったかと思うと悔しいね」


image

「年齢のせいにしちゃだめですよ」


164721c6

「はい。まあね」


image

「ドズルさんとかも来てくれるんだよね。きおちゃんとか」


164721c6

「みたいですね。すごいなあ」


image

「ファンサイドでもこういうことができるってことを見せたいよねー」


164721c6

「個人的にはイベント、『賭ける』ものがあってほしいんですよね。『負けたら恥をかく』とか!。それこそ『負けたら顔出し』とか。予定調和じゃないアクシデントがあったほうが人が見るかなと思うんですよね。」


image

「わかるわかる」


164721c6

「それこそ、TGSみたいな。ほんとうにすごかったですね」


image

「TGSさー(以下オフレコ)。まあ…そういうことよ」


164721c6

「壮絶ですねそれ。絶対書けないけど


image

「今日は書けないこと、たくさん話しますよ!」


164721c6

「そういえばクラッシュコンお疲れ様でした」


image

「クラッシュコンだけどさ、あれ本当、泣いたね。実は(以下オフレコ)だったからね」


164721c6

おいさっきから書けるところがねえよ!載せられねえよ!どうなってんだよ!」


image

「好きに書いてくださいよその文才で(笑)俺とpontaさんが組めば最強よ?ロジックにいれば最高に面白いブログ書けるのになーって。うちにいればネタの宝庫よ?すごいクランよ?うち」


164721c6

「いやー……技術面で速攻、はじかれますよ。私なんて足手まといになりすぎます。でも私がドズルさんと仲良いの、そういう意味でどう見てました?トミーさん絶対面倒くせえって思ってただろうなって」


image

「まあクラクラ界で新しいことをやれる人ってそんなに多くないじゃん?その二人が手を組むってどんなことするんだろうと思ってたんだけど、辞めちゃうんだー。pontaさんもったいないよー。1月のイベント出てよー」


164721c6

「ありがとうございます」


image

「実況の才能もあるしさ」


164721c6

「見てるんだ。俺のクソ動画」


image

「見てますよ!ブログも隅から隅まで見てるよ!Twitterとか、何度リムーブしようと思ったかわかんねぇけど見ちゃうんですよ」


164721c6

「実況の演出意図とかわかります?」


image

「わかるよ!俺にだけはわかるよ!


164721c6

「俺が動画を公開したらトミーさんがわざわざ『pontaさんの動画見たら俺は絶対ブログはやらないって決めました』って言ってきたじゃないですか」


image

「言ったっけ?(笑)」


164721c6

「トミーさんがイヤミ言ってくるときは、『いいものができた』ってときだから。トミーさんは相手にもならない人には寛容だけど。脅威に感じるとつぶしにくるからね。逆にわかりやすいんですよ!俺ら器狭いから」


image

「(笑)オチョコだから。俺ら、器がオチョコだから」


164721c6

「ゆうてもトミーさんは女性に人気がありそうですね。話が上手で、自信があって行動力のある人を女性は好きだから。クソですね」


image

「いやいやモテないって。でも俺、行動力だけがとりえだから」


164721c6

「トミーさんの魅力と欲望は、良くも悪くもクラクラ界を面白くしていくと思っています。1月のイベント、がんばってください」


image

「ほんとやめないでよー!!」


164721c6

「ぼちぼちはやりますよ!」