クラクラ 悪口を言う人言われる人

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

世間の発信者はいちように「叩き」に悩んでいるようです。

わりにメンタル強そうな人々も、クソだチートだカスだ言われてるうちに心がさびる日もある模様。

どんなにタフな人でも、気にしないと言っていても、言われ続ければその言葉が澱のように心の奥に沈んでいく。

いやんなっちゃうね。

クラクラ界で一番たたかれているのは運営さん。間違いない。ついで発信者。

では、発信とかしていない人は叩かれないかっていうとまあ、ネットでは叩かれないかもしれませんがリアルで苛められる日もあるかもしれません。

どうなんでしょうか。

他人が言われている悪口と言うのは第三者からしてみればどうでもいいものです。

私も、自分以外の人が叩かれてるのを見ても「あー、からまれてんなー」くらいにしか思わないのですが、当人にとってみればやはりきついみたいですね。

どうなんでしょうか。

私の経験上、荒れるのは下記。

——————————

1)賛否両論の議論に加わると燃える

読者の立場や考え方によって意見が分かれるケース。

書き手が片一方に肩入れした時、もう一方側の人と距離が生まれます。そこで燃える。

極論と極論の距離は遠く、その落差は果てしなく。その差を埋めようと人はやっきになるのではないだろうか。

——————————

2)日頃のキャラと遠ざかると荒れる

好感度の高いハーフ女優が、既婚男性の卒論のお手伝いをするとかすると燃える。

クラクラ馬鹿だとばかり思っていた実況者が、イカや戦国の世界に没入するとか。

各人おのおの、「僕の考える理想の○○」というのがあり、そことズレが発生したとき違和感を感じ、そしてそれが許容が出来なかった場合、強烈な反発が発生するのではなかろうか。

——————————


3)嫉妬されると荒れる。

個人的に、「嫉妬」とは叩く人の執着の現れだと思っていて。

たとえば何らかのポジションを得た人物に対し「あいつは自分のあこがれる地位を不当に得ている」と感じたときに嫉妬する。

それは有名さだかアフィリエイトだかなんだか知らないけど。

そのため対象の粗を探し出し(あるいはレッテルをはり)貶め自分の地位まで引き下げようとしているのではないでしょうか。

——————————

もっと理由はあるけれどもこまごま書いても仕方ないかなとも思います。

なんにしても、いわれない悪口を言われる人はそれだけ人目を引き付ける才能や実績があるということなので気にせずです。

敵が1人いたら、味方が100人いると思え。

ディスってくる人に反論するよりファンにそのエネルギーを還元したほうがよいかと思います。生意気ですが。

右に行っても左に行っても文句を言われるときもあるかと思いますが、そんなときはあなたの存在自体が目障りなのだと思います。

逆に言えば、ただそこにいるだけでアンチの人の心を逆なでできるので特に反論しなくても相手にしっかりダメージを与え続けられるって図に乗ってがんばりましょう。

笑顔が最高のいやがらせ。活躍が最大の反論です。

以上、自戒まで。よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta