ウィザードおじさん、クラクラ新ユニットをスッパ抜! 第1回「インフェルノに強いやつ」

2016年5月28日

童貞クソ野郎の大きい画像

「きましたぞきましたぞ!新コーナーの、はじまりですぞー!」


2014-10-06-18-53-09

「あ、ウィザードさん。死んだんじゃなかったんですか」

童貞クソ野郎の大きい画像

「死んでねー!決して死んでねー。いち担当コーナーが終わっただけですぞ。」


2014-10-06-18-53-09

「ああ、あのヒーロー予測の。ウォーデンさん登場で、最終回を迎えたんでしたっけ。」

童貞クソ野郎の大きい画像

「死んでたまるかバッキャロー!あんな紫ハゲとこの俺様、心中する気は毛頭ねー!ハゲだけに。死ぬときは、そんじゃそこらの美少女と、ただれた愛欲生活の果てに入水して死ぬって決めておりますぞ!玉川上水あたりで。勝手に殺すなバッキャロイ!ロイロイ!」


2014-10-06-18-53-09

「バカって…ひどい…私は別にそんなつもりでは…」

童貞クソ野郎の大きい画像

「あ…」


jai0

「そんな言い方…ないんじゃない?」


250px-Troop-Barbarian

「どんな理由があれ、女を泣かせるのはよくないな!ガハハ!」

童貞クソ野郎の大きい画像

「どっから沸いて出てきやがった、レアキャラども!」


2014-10-06-18-53-09

「いいです。かまいません。涙は私に似合わない。こんなことに傷ついてるようじゃ私もまだまだだね。

セクハラおやじになんか、負けないよーだ」

童貞クソ野郎の大きい画像

「くっ こいつ…露骨に「女」を使ってきやがった。私の、もろく儚い社会的信用を、その最大の武器を用いて的確に崩しにきやがった…DPS 80くらいで。

こんな言い方されたらまるで俺がワルモノ!交通事故の過失割合で言ったら10:0待ったなし!

この女まさにツワモノ!俺の信用すぐにキズモノ!

しかしこの『メス』の匂いただようふんわり攻撃、決して嫌いじゃねーですぞ…」


ゴーレム

「嫌いじゃないんかい」


2014-10-06-18-53-09

「あれ、この方。初めましてですね」

童貞クソ野郎の大きい画像

「紹介が遅れましたな!このいかつい岩の塊は、私とこのコーナーでコンビを組むことになりました、新キャラのゴーレム殿ですぞ!」


ゴーレム

「どうも、こんにちは」


2014-10-06-18-53-09

「あ、なんか普通っぽい方ですね」

童貞クソ野郎の大きい画像

「確かにゴーレム殿は普通っぽい。ただしその実、傷つくのを異常に恐れつつも、普通の人よりちょっと『上』って思われたい感じのめんどうくさい界隈にお住まいの方ですぞ?

本コーナーでは、このゴーレムさんと私、ゴレウィズコンビにて『クラクラの新ユニット』を予想していこうと思っておりますぞ!」


ゴーレム

「はは、ひどい言われようですね」


2014-10-06-18-53-09

「気にしないほうがいいですよ」


ゴーレム

「ただひとつひっかかるのが『上』って言い方ですね。人の上に人は作らず。そう言いますよね。だから人の『上』とか『下』とかそういう考え方は、好きじゃないから改めてほしいな。百歩譲って私はいいけど、不快になった読者の人たちのためにもね」

童貞クソ野郎の大きい画像

「ほーらこう!こういうところですぞ!こういう偽善者ぶって自分を守るところ!俺じゃなくて読者に向けて言ってるところ!つまーんねーんですぞお前の言うことは!紋切り型のうすっぺら発言!攻撃力のかけらもねー!一生壁を殴ってろ!ダアホ!!」


2014-10-06-18-53-09

「あなたも少し攻めすぎだと思いますが」

童貞クソ野郎の大きい画像

「ゴーレム殿は守りに入る!すーぐ守る!よくないよくない。それに比べてこの私めは攻める!果敢に攻める!どれくらい攻めるかって言うと、女子アナウンサーの深夜キャスくらい攻めてみせますぞ!」


2014-10-06-18-53-09

「こーら!こらこら」


ゴーレム

「まあ、私はつまらないことを言って揚げ足を取られるのが嫌だから、キャスとか、やりませんがね」

童貞クソ野郎の大きい画像

「カーッ。つまらねえ!お前は本当につまらねえですぞ!」


2014-10-06-18-53-09

「そろそろ本題いきましょうよ、新キャラはなんだと予想するんですか」


ゴーレム

「TH10ですよね」


2014-10-06-18-53-09

「噂では」


ゴーレム

「インフェルノへの対抗ユニットかな」


2014-10-06-18-53-09

「なるほど」


ゴーレム

「あの強力な設備を凍らせたり、無効にできるユニットがいたら、私も助かる」


2014-10-06-18-53-09

「たしかに」


ゴーレム

「空はすでに役者が揃ってるから、次は陸かなと」


2014-10-06-18-53-09

「ですかね」

童貞クソ野郎の大きい画像

守りに入ってんじゃねえ!」


ゴーレム

「えっ」

童貞クソ野郎の大きい画像

「そういう誰でも予想できるところを狙って『あたりー』とか言われて『いや、普通の想像力があったらそう思うでしょ(笑)』みたいなやり取りは、見る前からお腹いっぱいですぞ?実際そういう予想した人がいたらごめんなさいですな。でも本当にそうだから、マジで!」


2014-10-06-18-53-09

「誰と戦ってるんですか?この人」


ゴーレム

「さあ」

童貞クソ野郎の大きい画像

「まずゴーレム殿は、さらけ出すべきですぞ。さらけ出した先にこそイカした予測は、ある!」


ゴーレム

「えっ」

童貞クソ野郎の大きい画像

「『陸の盾役は俺だけで十分!むしろ新ユニットとか、俺の影が薄くなるから邪魔!』そんなふうにエゴに立脚したポジショントークこそが、はたで見ててニヤニヤできるから好ましいですぞ!」


ゴーレム

「正確な予測の邪魔だから、個人的な事情はなるべく排除して考えるようにするべきだと思うのだが」

童貞クソ野郎の大きい画像

「違う違う。なーんにもわかってないですぞ?人生の過程で得た偏見という名のゆがんだレンズから、自分勝手な論理が生まれてくる瞬間を指さして笑う。それこそが至高の楽しみ。究極の料理。ゴーレム殿の、エゴまみれの理論から導き出された新キャラを教えておくれよ。アーユーオーケイ?オッパ カンナムスタイル?」


2014-10-06-18-53-09

「あのーすみません。くるってます?

童貞クソ野郎の大きい画像

「いや?平熱ウィザードですぞ?」


2014-10-06-18-53-09

「それはそれで…」

童貞クソ野郎の大きい画像

「それにつけても、新ユニットとは嬉しいですな。ラバハウンド以来ですから、1年半ぶりですかな?」


ゴーレム

「それくらいになるかな」

童貞クソ野郎の大きい画像

パズドラだったらキャラ企画担当がクビになるレベルですな。怠慢だ!ってことで」


ゴーレム

「いや一緒にしたらだめでしょう。将棋の駒を増やすようなもんだから。クラクラは」

童貞クソ野郎の大きい画像

「そりゃもちろんキャラを増やすのがむつかしいのはわかりますぞ?だがしかし、こうして空きスロットにユニットが埋まる。ゲームが拡張する!クラクラは…生きてる。脈々と生きてる!その事実が…その事実が嬉しいんですぞ…!!」


2014-10-06-18-53-09

「ウィザードさん…」

童貞クソ野郎の大きい画像

ボッキが止まらねえ…」


2014-10-06-18-53-09

だがお前は死ね