• このエントリーをはてなブックマークに追加

とあるゴレホガーの引退に想う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です、pontaです。

クラメンのtomoさんがクラクラを引退されました。悲しいです。

TGSでステージ上に上がり、群馬を背負って戦ってくれた彼は三人の子のお父さん。

「対戦の星を1000個取ったらクラクラ辞める」という約束を、家族としていた模様。

ただのお父さんに戻る模様。

群馬は20代後半から30代後半の人が主力ですから、生活環境の激変でクラクラを断念せざるを得ない人も多々います。

今のわたくし自体そんな感じですが。

まあクラクラプレイヤーの多くは若い人ですから、育児とか家族とか言われてもぴんとこないと思います。ぴんとくる必要もありませぬ。

こちとら勝手に子供を作ってんだ。手前の家庭の事情使って苦労の押し売りはしたかねーや。

ただ、なんていうのかな。クラクラは楽しいことがたくさん。哀しいこともたくさん。中でもおっさんクランはちょーっと油断すると哀しいことがたくさんあるんだって言いたい。

そしてそれは止めるべきことじゃなくてむしろ喜ぶべきことなんだよねえ。彼らの人生のためには。



tomoさんのゴレホグは綺麗で、上手い人ぞろいの群馬でも群を抜いて巧みでした。

でもその巧みさが、家族との時間を削って作り出されたものであったならば、誰が彼の引退を止められようか。

振り返れば群馬帝国遠征軍を立ち上げ2年。自分のスキルを考えれば望外なほどに強すぎるクランができました。

なんだろうね。自分の目指すところは。

世界一のクランを作ること?

しかし仕事や育児に追われ、クラクラを遠くから見つめるときも増え。

ただなんなんだろう。tomoさんが、yakkoさんが、Dofyさんが、他のみんながふっとクラクラをやりたくなったときに群馬という場所が厳然としてあり、そしてそこは強くなくちゃ嘘だろうっていう気持ちはある。

過去に執着しているわけではなく、ゲームの中だけとはいえ一緒に過ごした過去の時間を愛しているがゆえに。

思い出すのはリアルでの飲み話よりむしろチャットで読んだ文字だったりする。

そういう思いが、私をクラクラの近くにつなぎとめる。

論理的でない言い方になりますが、強いクラン、負けないクラン、それに加えてそういう気持ちが入ったクランがいいな。

最後になりますが、がんばれtomoさん、ありがとうtomoさん。星1000やったぜtomoさん。

このエントリーを、群馬最高のゴレホガーに捧ぐ。

以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 都忘れ@チーム鎌倉 より:

    いい記事ですね!
    私も最近ホームクランが閑散としておりまして…みんな旅に出たりしていまして寂しい限りです。
    でもやはりみな帰る場所は鎌倉だと信じております。
    みんなーまってるぞー!!

  2. 感動しました。 より:

    ポンタさんのクラメンに対する愛情?思いが文章から伝わってきて、とても感動しました。
    これからもいいクランを作ってください

  3. uta より:

    まじですか、tomoさん…
    tomoさんのほぐ回さない出し方…上手かった✨お疲れ様です(`・ ω・´)ゞビシッ!!

  4. 良い記事ですが より:

    欲望の副産物ではないと思う…。

  5. ナオ より:

    なんとなく、乾杯の曲が聞こえてきました。

  6. ino より:

    pontaさんのお子さんと3日違いで出産立会いした者です。
    すごく共感できる記事でしたし、何よりクラン・クラメンへの愛情を感じました。
    自分もプランニングに時間割けない状況なので、それを逆手にとってファーミングをしながら色々なクランの見学をさせてもらってます!
    時間が無くても色々なクランの雰囲気を感じて旅する楽しみ方もあるんだなって最近気付きました。

  7. 秀実 より:

    初めましてで失礼します。
    Pontaさんの想いがすごく伝わってきて、非常に良い記事だと思い、感想を書かせて頂きました。
    私もアラフォーですが、引退される方々は色んな事情がありご家族があるのであれば、仕事が大変になるのであれば仕方がない事なのだと思います。しかしながら残った方々は惜しい人が引退した、と思うのですが当人様にはクラクラから距離を置かれて専心された方が良いんですよね。帰って来られるかも知れない皆さんの為にも頑張って下さい。
    長文失礼致しました。

  8. TH10 より:

    みんなそれぞれに家庭があり、生活があり…それでも一緒に同じゲームを楽しんでいる奇跡。私たちが出会ったのは当たり前のようで当たり前じゃない。限られた時間の中で、借り物の時間の中で…クラクラをあと何年できるか、もしかしたら明日やめなきゃならない理由が出来るかもしれない。お楽しみが増えていく一方で必然のように悲しいことも起こる。今、クラクラを出来ている時を思いっきり楽しもうと思います。

  9. うらしま より:

    寂しいけど応援するしかないですね。
    頑張れ親父!!!
    tomoさん今まで有り難うございました
    時間出来たときはフラッ対戦しに来てください。

  10. Charan-Poran より:

    tomoさんのゴレホグは華やかでした。
    一緒に戦えて本当に良かった…
    tomoさん、長い間お疲れ様でした!!!

  11. おとうさん より:

    いつもブログを楽しみにしています。
    記事の中で、子供は欲望の副産物と書いてあるところに、「それちゃうやろ!」と思い、コメントさせていただきました。
    あの一言に嫌悪感を抱く人も中にはいるということをわかってください。
    あの記事を、奥さんまたは成長したぽんたさんのお子さんが見たら悲しい想いをすると思います。

  12. Ponta より:

    了解です。自嘲というか、あまり哀しいのおしつけだけにしたくなかったというかわたしへの見下しポイント作ってあげたかったからいれたんすけども。こどもがみてあれなのはたしかなので削っておきます

  13. なっちゃん より:

    tomoさん
    長い間群馬をひっぱってくれてありがとうございました
    tomoさんとご家族のご健康を願っております。お疲れ様でした

  14. いやはや より:

    なんとも壮絶ですね。
    クラクラ引退するのに子供がぁとか仕事がぁとかが理由になるんですね。
    すごいですね。家族とスマホのゲームどっちとるかなんて・・・
    長い間一緒にクラクラやってきた仲間に感謝を表すエントリーには感動しますが、
    家庭とゲームを同格みたいに比べてるとこに???ですね。
    感覚がマヒしてるとしか思えないです。
    ポンタさんの文章好きでブログ楽しみにしてますが、家庭に絡めた記事は残念な気分になります。

  15. ひかり より:

    pontaさんのブログ読んだらまた思い出し…泣。
    わたしのクランは、リダ、サブの方々が次々といっぺんに引退しました。
    とてもショックでボー然とし、そこから暫く休憩クランへ…
    その間、いろんなコトを考えられたおかげでクランに戻るって決めました。
    心の支えだったクラメンがいないコトはホントにツラくてこの先も自信ないけど…貰ったものは、とっても大きくて、とってもとっても大きくて感謝しています。
    なので、恩返しというか、それを少しでも、いろいろたくさん伝授されたわたしとしてはクランに戻って、もう少し楽しんで頑張りたい。。です♪
    そして、引退した方が、いつか、ふっとクラン探した時、喜んでほしい‼︎
    ここの卒業生です😄って遊びに来れるようなクランだったらいいと思いませんか?😄😄😄 🎵

  16. 物書きの矜持 より:

    自嘲、哀しいの押し付けイヤ、自分への見下しポイント…解りますよ、解ります。
    薄っぺらな正論をかざして噛みつきたがるのはネット社会の風潮ですかね。『読んで嫌な思いをする人がいる』なんて表面的な批判に、発した言葉をたやすく削られたのはちょっと残念です。
    意志を発信すれば波は立ちます。
    真っ向から対立する相手ならまだしも、読み取ってすらくれない相手にも認めてもらうために無難な言葉を選び出したなら、その言葉から毒は薄れ、敵が減ると同時に味方も減り、やがては誰にも響かなくなってしまいます。
    これだけの素晴らしい文を書かれるブログ主さんだけに、勿体なく感じたので一言申しましたm(__)m

  17. Ponta より:

    矜持さん
    ありがとう。てかtomoさんを巻き込みたくなかったんすよ。欲望の副産物でワタワタするpontaダセェwwwはいいんだけどそれだとtomoさんも入ると申し訳ないなと
    自分の含羞隠しに付き合わせたくない的な。

  18. 河合 より:

    クラクラってスゴいゲームだなあ。って改めておもいましたw

  19. 疲れたひと より:

    もうやめれば。クラクラもうめんどくさくなってるんでしょ。やめなポンタくん。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。