きおきお・ドズルの両氏と話し合い、人生を思った件について

お疲れ様です、pontaです。 昨日はドズル氏、きおきお氏と初めて三者ミーティングを行いました。

 

語るのはクラクラの今後について。めちゃくちゃ楽しかったです。

詳細はまたいつか。

 

ちなみにこのおふたり。ユーチューブのチャンネル登録者数がいままさに10万人に達する寸前です。

 

これは日本のYouTuberの上位100人に入る数だそうです。ゲームだけに絞ると、さらに上位。これから2人には、いろんな凄いことが起きるかと思いますが、そのきっかけはクラクラだということで。嬉しいですね。

 

二人を窓口に、ゲーム業界のいろんな風や情報に触れるのは楽しいもんです。それにしても私、こんな年までゲームやってるとは思いもしませんでしたぜ旦那。

 

昔話になりますが、幼少のみぎり、「ドルアーガの塔」というゲームがありましてゲロのようにむつかしかった。あのゲームのおかげで「攻略本」という市場が生まれ、ゲームだけではなく「ゲームの周辺」がビジネスになったと記憶しています。

thuvtdzras

あれから30年くらいっすかね。時代は動画だったり、VRだったりに脚光を浴びせています。攻略本はビジネスとして成り立ちづらくなりました。

しかし当時と変わらず、ゲームは楽しいですね。ゲームはすごいですね。

 

20代のころ、ゲーム会社に就職しようかなと思った瞬間もありましたが、やめた。(出版のほうにいきました)

 

就職した会社で、転職先で、向いている仕事では大活躍して、出世するのはいいけれど、向いてない部署ではミスってウツる。そんな人生でした。

 

ソツなくキャリアを終えられねえー。幹部になるには、能力値がオール70はないと無理なんです。

 

わりと、得手不得手の多い人材みたいです。ぼくちん。

 

そんな私から見て、この二人の賢い若者は、自分の強みと弱みを正確に把握して、一度きりの人生を悔いなく送るべく「楽しい」を追及しておりうらやましい。

 

私は「楽しいことと、生活とは、別だ」という考えを持っており、よくいえば手堅く。悪く言えば自分を殺して保守的に人生の選択肢を選んできたので。それはそれで間違っていたとは思えないんだけど。でもいまになって、「楽しい」ことを追及する生き方も、それはそれである意味「堅実」なのかなと思ってるんすよね。

 

仕事で、命を削って懸命にやっても、向いていないがゆえに仕事が穴だらけで「真剣にやれ」と評価されないいっぽうで、向いていることだと、片手間で、鼻歌交じりでテキトーにやったって「がんばったな」って絶賛されたりもする。

 

人は結果しか見ないからね。どっちが正しいかよくわからねんね。

 

この年になって、クラクラと出会い、ブログを書き、自分には「楽しい」と感じる心があり、「向いていること」があると改めて知った。

 

そして、いろんな人と知り合い、いろんな人に求められ、過分な評価もいただいた。

どうなんでしょうね。

 

「向いている」ことに飛び込むことは、実は冒険じゃなくて「堅実」なのかもしれないね。

 

私も、読者のあなたも。向いていることがあり、あなたにはできる、あなたしかできないことがあり。それはきっと、自分には持っていて当たり前のことでも、他人からしたらうらやましくてしかたないものかもしれない。

 

それ表に出すこと、そしてそれを生かすこと。それはとても大事なことで、そして幸せなことなんだろうなと。

 

そんなことを思った夜でした。まとまりませんが。

 

ponta、がんばります。クラクラのために、そして自分のために。

 

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta