クラクラ小説, 小説

   「お前、何年この仕事やってんの?営業的に数字見てる?仕事舐めてんだろお前」 綾は黙って、頭を下げる。言いたいことは山のようにある。ただそれを言うとこの苦痛の時間が長くなるだけなので飲み込む。
頭を下げて、暴風がすぎるのを待つ。 ...

クラクラ小説

ここではない国。いまではない時。勇敢な少女、ペトラルカ=チーフの物語。

この世界には、悪賢いゴブリンや、小悪魔ガーゴイル、強大な力を持ったドラゴンといった恐るべき種族は多々いましたけれども、全体をみれば「人間の世界」でありました。

クラクラ小説

ここではない場所。今ではない時代。ペトラルカ=チーフの物語。

ペトラルカとヒーラーは、夕暮れ時、エアバルーンの爆撃により崩れ去った村のがれきの中を、ふたりで見回っておりました。

けが人はタウンホールに収容し、ヒ ...

クラクラ小説

ここではない場所。いまではない時。

ペトラルカ=チーフの物語。

せんだっての襲撃で、甚大な被害をうけたペトラの村。けが人も多数。

ペトラの祖父や魔法使いのブリュワーといった ...

クラクラ小説

ここではない場所。いまではない時代。

ペトラルカ=チーフの物語。

11歳になったペトラは自分の生まれ育った村から足を伸ばし、近くの大きな街(グローバル=チャット)にやってきました。

「建物おっききい ...

クラクラ小説

ここではない場所。いまではない時代。小さな村がありました。その小さな村に住むペトラの物語。森の中で見つけた「古い城」に立ち寄ったペトラたち。やぶを通り抜けて入った庭には雑草が茂っており、石の階段は苔むしていて、扉にはいたるところに蜘蛛の巣が ...

クラクラ小説

ここではない場所。いまではない時代。小さな村がありました。

その小さな村にいる小さなペトラはゴブリンを憎んでおりまして、「バーバリアン」という屈強な男たちとともにゴブリン退治に乗り出しました。

かなりの数のゴブリン村は、そのバーバリ ...

クラクラ小説

ここではない場所。いまではない時代。

小さな村がありました。

その小さな村には金山があり、それを狙って、欲深いゴブリンがたびたび村の金を盗みにやってきておりました。

その村の ...

クラクラ小説

ここではない場所。いまではない時代。

小さな村がありました。

その小さな村には少しの村人と、すこしの大工と、それを束ねる年取った村長がひとり、住んでおりました。

その村はそれほど豊かでは ...