クラクラ小説, 小説

   「お前、何年この仕事やってんの?営業的に数字見てる?仕事舐めてんだろお前」 綾は黙って、頭を下げる。言いたいことは山のようにある。ただそれを言うとこの苦痛の時間が長くなるだけなので飲み込む。
頭を下げて、暴風がすぎるのを待つ。 ...