クラクラはすでにゲームとしての完成度が高すぎて、ぶっちゃけアプデの難易度上がっていると思う

2016年5月28日

お疲れ様です。pontaです。

表題の件。前にも書きましたがクラクラはいろんなことが奇跡のバランスで成り立っているゲームです。

既存の問題点はすでに幾多のアプデで修正されてまいりました。

現状、TH11のワチャワチャバランスには改善の余地があるにせよ、それは雲の上の話。

プレイヤーの大多数を占めるTH9以下のバランスは完成系に近いから、例えば新ユニットやら新呪文やらを投入するのは、高く積み上げた積み木の真ん中あたりを差し替えるのにも似た危ない作業な気がするんす。

  

そこをアプデでいじくると、よほどのセンスと幾多のテストを経ない限り、ろくなことにならないというか、すごく難しいと思うんですよね。

1から設計して組み立てるのなら簡単なものを、すでに出来上がって各要素が複雑に絡み合っている現状のクラクラの場合、大規模変更はあまりに難儀そうな気がするんだ。

個人的にはクラクラアプデはいつもすごく楽しみだし、とくに毎年3月のアプデはクラン対戦やらクランレベルやらアツイものが多かったから期待してます。

世間の飽き気味ユーザーのモチベを燃やすのは、なんだかんだでアプデに勝るものはないし。

ただ一方で、TH9以下をどう変えるねん、というところでわたしはいまノーアイデアです。

待望の、指定クラン同士のマッチングやフレンド対戦は検討されて否決されていまに至るのだろうし。

うーむ。タヌキの想像のはるか上を超えるアプデを期待してます。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta