クランも人も、天狗の鼻が折られてからがスタートだよね

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。

移転後いまいちだったこのブログの検索順位も向上してきたようで、ドズルっちにも褒められました。

それにあわせてネットでエゴサーチしたところ 、読者の方の私に求めるものがよくわからなくなりました。

 

そんな面白ブロガーな私もリアルはクソミソテクニックです。

有能と勘違いされ引き上げられて、ついには無能がバレる位置までたどり着いた感がある。

これが「器」か。そして「ピーターの法則」ってやつか。

ただまあ、これはクラクラも同じですよね。

自分たちより強いクランはないってくらい鍛えあげ、勝ち進み、思い上がり。名を上げ。

そしてついに。上には上がいる現実を知る。

勝てば勝つほど。名が上がれば上がるほど出世し、大舞台に引き上げられ。そして恥をかくんだ。

で、勘違いしちゃいけないのは、恥をかいてからがスタートだということ。

私はプライド高く、傷つくのがイヤなんで恥をかくくらいなら戦いを避けるタイプです。

でも考えてみれば、私のこれまでの人生、逃げた時より、恥をかいた時の方がたくさんのものを得てきた気がします。

クランも人も、恥をかきかき前進み、折れた天狗の鼻を鉄アレイにして鍛えて強くなれ。yeah。

ただまあ、中には天狗の鼻を折られずに、単に好きで続けたってだけでぶっちぎっちゃうタイプの人もいますけど、それはまあ天才ってことで。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta