炎上と議論と

2016年5月28日

お疲れ様です、pontaです。 

 

先だってのバルキリエントリーを炎上と評するコメントがありナイーブすぎんだろと思った次第。 

 

「意見が割れる」ことによる熱い議論は炎上とまた違うと個人的には思っていて、たかがゲーム(とあえていいますが)の仕様やマナーなどについての意見交換は、人格批判まで踏み込まなければどんどんやるべきじゃねと思ったり。ゲームをよくするためにも。 

 

  

最近Twitterで話題になった、全壊確定後の不要な呪文落とし、いわゆるドヤスペルの是非もそう。 

 

個人的にドヤスペルは「ない」派なんですが、これは「ある」派の意見も尊重すべきと思っていて、健全な議論の範疇なら、バチバチやっても構わないのかなと思います。どっちが正しい案件とかじゃないしね。 

 

ただ捉え方は人によっていろいろだから、意見の衝突を見ること自体、神経に響くという場合はそれはもうSNSで特定の人をミュートやブロックすべきなんじゃないだろうかと思います。 

 

そしてまた一方で考え合わせるべきは「騒動を養分としている人たち」の存在です。ワチャワチャしたほうが面白いやんけ、という人はどの界隈にもいて、その方たちの養分になる弊害が大きければそれは私も黙るべきかなあというポリシー。最近は特にその弊害が大きい気がするので、穏やかにいくべき流れかなとは思ってます。クラクラ界にクソありを声高々に言うことはスパセルさんの邪魔にもなりましょうし。 

 

そして付け加えるなら、クソと知れ渡ったクソをいまさらクソと言うことに私の興味はありません。 

 

私がツッコミを入れるのは、自分の価値感と社会的評価にズレがあるなあ感じたときになります。 

 

以前から私はベッキーはしたたかな女性だよと家族に言ってきたんですが家族はベッキー好きにつきボロクソ言われました。しかしセンテンススプリング後にくだんの評価は共通認識として固まったのでもうツッコミを入れる必要がなくなりました。 

 

共通認識が固まった段階で私のツッコミ欲はなくなるのであります。 

 

議論についてはナイーブになる必要はない、SNSの平和なタイムラインは自分で作れる、騒動を養分とする人は私も苦手、個人的なツッコミ欲のわきどころといったところをお話ししたところでお仕事入りまーす。 

 

以上、よろしくお願いします。

雑談

Posted by ponta