クラクラから他ゲームに浮気されるくらいなら「9シコ」であっても大歓迎だと思っている

 
お疲れ様です、pontaです。
 
 
Twitterでわたくし、1万3千人からをフォローしています。
自分からフォローすることもありますが、ほとんどはフォローいただいた方にフォロバする形です。
 
 
リア垢もありますし、クラクラ垢もあります。その全員が、私がフォローした段階で「クラクラを現在進行形で楽しんでいる人たち」なのです。
 
 
それが、一週間たち、二週間たち、一か月たち、半年もたつころには、別のゲーム垢になる。
 
浮気。浮気ですよこれは。jagjagくん。
uwaki_genba_woman
 
ま、ゲームですから飽きるのはいいんですけど、その中でも目立つのが「TH10に上げて全壊率が下がって、なんとなくつまらなくなってクラクラを離れた人たち」です。
 
 
TH8やTH9ではクラクラに燃え、対戦に燃え、イベントに燃える。戦術研究に余念がなく、全壊に喜び、星2に悔やむ。
 
 
そういう「天才ではないながらも、ゲーマーとしては十分すぎるほど上手な人たち」が、TH10になってから徐々にクラクラから離れていく残念なケースがあまりに多すぎる。
 
 
その人たちだって、TH10に上げるときはワクワクしてるわけですよ。夢と希望を胸いっぱいに膨れさせてるわけですよ。
 
「あと一週間でTH10だー!」とか言って。
 
カウントダウンなんかしちゃったりして。ほほえましい。
 
 
長からむ心も知らず黒髪の乱れて今朝はものをこそ思へ。
それでTH10になったとたん、自信とやる気を失っていく。
 
ITの怖さは十分、覚悟していた人たちも、アーチャータワーや大砲が2レベル上がることのえげつなさに今更ながら気づいて独り言をいうわけです。
 
「オラ、とんでもねえところにきちまっただ」と。
 
最初はストイックに自分の努力不足を責め、ファーミングへのモチベにつなげたりします。
 
そしてたまには、全壊だって取るのです。立派なもんです。
 
 
でも、TH9の時に比べ、全壊率は格段に下がるから、自分を責めることのほうが多い。
 
 
ゲームの中の「打率」が5割から1割以下に下がるんです。
 
 
絶好調時のイチローが、ある日を境に不調時の巨人小林に転生するようなものです。
そりゃ楽しくもなくなりますよ。
 
 
そして快感要素が落ちたゲームに魅力を感じなくなり、ベインやシャドバ、クラロワに流れるんだ。
 
 
そういうTwitterアカウントを山のように見てきました。
 
 
彼らを「意識が低い」と責めるのは簡単ですよ。
 
 
ただ、娯楽ですからね、クラクラは。
 
 
何を楽しいと感じるかは人それぞれで、苦痛を強いてまでやるほどのもんじゃない、
単にバランスがその人に合わなくなってきたというだけの話で。
 
 
難しいんですよね。これ。一概にスパセルさんがバランス調整すればいいって種類のものじゃなくて、「TH10の難易度は今がちょうどいい」というセミプロみたいな人たちも確かにいるんですよ。
 
今よりTH10を簡単にしたら、逆に、その人たちがやる気をなくす。
 
 
だから何が正解かはむつかしい。
 
 
ともあれ、それを見越してTH9カンストにとどまりクラクラを楽しむ、いわゆる「9シコ(9でオナニー的快楽にふけるという蔑称)」は、クラクラから離れないでいるための手段としては最適解なのかもしれない。
 
 
「TH10や11の鬼難易度でストイックにがんばれ」と諸先輩がマッチョリズムに基づいて命令したところで「あ、そんなんじゃ、やめます」と言われたらそこまでなんでね。
 
 
9でも8でも、その人が一番楽しいTH帯で、いつまでもクラクラをやりながらあーだこーだやってくれるのが一番、こっちとしてはうれしいんだ。
 
「浮気されるよりAVでオナニーされるほうがマシという女心」と いう例えはキャッチーですが、各所からまんべんなく叱られそうなので言わないでおきます。
 
以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta